明日は既存有老ホームの事業再編で収支改善です。

サ高住や有老ホーム(ここ最近では特養も)など入所系における収支悪化のご相談が増えてきています。

収支改善においては、決算書(財務三表)、月次傾向稼働率、取り漏れ取りこぼし、⚪︎⚪︎して、  △△して、⬜︎⬜︎して分析していきます。

その分析で事前に自分なりに仮説を立ててからサービス提供の在り方や職員のモチベーション(人手不足や人手超過含めて)について職員インタビューを行います。

実はこのインタビューで得られる情報が収支改善のポイントになることが多いです。職員本人は気づいていませんが、赤字事業の根本原因を知っているのは職員だったりします。

明日の事案は既に仮説を立ててあり、職員を指名して再度インタビューで立証と改善アクションプランの方法を考えたいと思います。

単に数字の調整ではなく、現在の利用者への多少なり変化が伴うのと、今の業務に慣れて(浸かって)いる職員の働き方に着手しなければならないので慎重にことが運べる方法で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木 真一

鈴木 真一専務取締役

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社、大手税理士法人マーケティング部長を経て、現ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社専務取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. エリートには、様々な人が集まっています。今回も、21歳の大学生から私と同世代の経営者まで様々です。立…
  2. 年明けの、1月27日の講師とパネラーの陣容が決まりました。講師は、田中滋先生、土居先生、江澤先生の3…
  3. 昨日、「本間さん、何で、外国人材受け入れに賛成するようになったんですか?」。 私は…
  4. 明日は、エリート2/6回目です。正直、1/6回目は、難しくありません。国の未来や国の政策なんで。2/…
  5. 北海道はさすがに寒いのですが、でも、こちらの人に言わせると「あったかいよね。」となるそうです。10℃…
  6. まだ、企画段階なんで、どうなるか分かりませんが、あるシンポジュームのパネラーのお誘いをいただきました…

ピックアップ記事

  1. エリートには、様々な人が集まっています。今回も、21歳の大学生から私と同世代の経営者まで様々です。立…
  2. 職員さんが集まって、研修初日が始まりました。 「ねえっ、今、一番利益が上がる事業はなあに?」の問い…
  3. 実は、HMSさんからこの企画をしないかと言われた時は、あまり乗り気ではなく「今、忙しいもので、、」か…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る