明日は既存有老ホームの事業再編で収支改善です。

サ高住や有老ホーム(ここ最近では特養も)など入所系における収支悪化のご相談が増えてきています。

収支改善においては、決算書(財務三表)、月次傾向稼働率、取り漏れ取りこぼし、⚪︎⚪︎して、  △△して、⬜︎⬜︎して分析していきます。

その分析で事前に自分なりに仮説を立ててからサービス提供の在り方や職員のモチベーション(人手不足や人手超過含めて)について職員インタビューを行います。

実はこのインタビューで得られる情報が収支改善のポイントになることが多いです。職員本人は気づいていませんが、赤字事業の根本原因を知っているのは職員だったりします。

明日の事案は既に仮説を立ててあり、職員を指名して再度インタビューで立証と改善アクションプランの方法を考えたいと思います。

単に数字の調整ではなく、現在の利用者への多少なり変化が伴うのと、今の業務に慣れて(浸かって)いる職員の働き方に着手しなければならないので慎重にことが運べる方法で。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木 真一

鈴木 真一専務取締役

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社、大手税理士法人マーケティング部長を経て、現ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社専務取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 先日は、監査法人の会計士と話をしてました。そのとき、「やはり、監査先で、合併・統合の話がチラホラでて…
  2. 以下、ソース(素)は、NHKテレビです。番組で、「以下の三つのうち、寝たきりにならないために、効果が…
  3. 先週あたりから夏休みです、世の中は。我々の業界は、個々に取るので関係ありませんが。 まあ、今日は、…
  4. 今日は、関連の学校法人の監査のご相談でした。本題は5分ほどで終わり、様々な話になり、国の政策、制度、…
  5. 今日、選抜メンバーが、人事考課の働き方の指針の20項目を、一つずつ定義し、チェックリストを作成してい…
  6. みんな、事業費と事務費の科目の中身を調べながら、ただただ驚くばかりです。今回の中核職員研修はここから…

ピックアップ記事

  1. みんな、事業費と事務費の科目の中身を調べながら、ただただ驚くばかりです。今回の中核職員研修はここから…
  2. 本間先生 いつも大変お世話になっております。 昨日は研修に参加させていただき、ありがとうございま…
  3. 昨日は、とってもいいセミナーでした。そう感じたのは、セミナーが「WJU人」としてではなく「日本人」と…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る