HMSエリートの最後に「先輩の言葉」という頁があります。載せておきます。4月からのエリートに来ませんか?

諸先輩の言葉

できない理由を並べ立てる人がいる。これでは新しい事業を達成することはできない。何もないことを前提として、目標を達成するために必要な人材や設備、技術をどう調達するかを考えなくてはならない。

どんな場合にも情熱が大切な要素であることは確かだ。いかに優れた事業計画でも、それを推進する人たちの熱意と誠意がなければ成果を上げることはできない。

無理に売るな。客の好むものも売るな。客のためになるものを売れ。

志を失うな。人間、逆境の中でこそ成長する。

上手くやろうとすればするほど、準備に時間がかかり、機会損失は拡大する。下手でもいいからやってみて、上手くいかないところは、その都度、直していく方がずっと効率的です。

人真似をするな。楽をしたければ人真似をするのも自由だが、そうなると企業は転落と崩壊の道をたどり始める。

一緒にやろうという力がまとまってこないと物事は前へ進まない。成功の成否は人の和にあり。

資本がないから事業が思わしくないとの声をよく聞くが、それは資本がないからではなくアイデアがないからである。

何かを深く信じれば、誰でも自分の中に大きな力を見つけだし 自分を乗り越えることができる。

身を粉にするな、頭を粉にせよ。最悪のあとには必ず最善がある。いかなる苦境にも屈しない強さを身につけていれば、おのずと道は開ける。

成功は、最低の教師だ。優秀な人間をたぶらかして、失敗などありえないと思い込ませてしまう。

チャンスは貯金できない。

今日の失敗は工夫を続けてさえいれば、必ず明日の成功に結びつく。

現場で考え、現場で研究せよ。

技術は金で買えない。個別の技術ですぐれたモノは海外から導入してもいいが、大きな技術の体系、産業としてのシステムは、自前で組み上げないと決して定着しない。

発明は知識そのものよりも、それをいかに自分のものにしているかにかかわる。学校を出ない人が往々にして相当な発明をするのはそれ故である。これを世の人のために活用し得るまでには、いろいろな研究と大きな努力がいる。その努力の中に発明が生まれてくるものだと私は思っている。発明は努力の賜である。

誰もあまりやらない、またやり難い事業をものにするところに人生の面白味がある。

もっとも強い者が生き残るのではない。もっとも賢い者が生き延びるのではない。唯一生き残るのは、変化できる者である。

道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. みなさん、知ってますか? 離婚数は、年25万件です。 そして、5件に1件が熟年離婚。 だから、…
  2. 厚生労働省 雇用環境均等局の方との話のまとめ   1.社会福祉法人は、労働基準法第138条に規定…
  3. 皆さんの法人も、WJUメソッドによる現状分析をしてみませんか? もし、① 事業戦略が明確になる、② …
  4. 本間先生 今年は大変お世話になりました。 遅くなりました。今回の感想です。 今回の参加…
  5. こんな話から始まりました。 「ねえ、みんな、ここの法人の保育を県NO.1の規模にして欲しいの。分か…
  6. 法人全体、合計で、3000万円の支出を削減します。 今日は、理事、監事、各施設長、各事業所の管理職…

ピックアップ記事

  1. 今日は、民介協の東京会場です。そして、その準備をするために、会場に入って資料を整理していたら、、、「…
  2. 70人の方々にお集まりいただき、12:30-16:00の担当でお話ししました。私の後は、対馬先生がお…
  3. 13:00〜17:30まで、17組の管理会計発表会です。 皆さん、頑張ってレジメを作ってきて、プレ…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る