江戸幕府、島津斉彬、松平春嶽、鍋島閑叟、阿部正弘、徳川斉昭、一橋慶喜、勤皇の志士、久坂玄瑞、そして、薩長連合。

江戸幕府は、260年の鎖国にありました。NHKの大河ドラマをご覧になられている方はお分かりのとおりですが、島津斉彬、阿部正弘、徳川春嶽など、さまざまな優秀で国を憂う人たちが日本をまとめ、異国船の来訪に備えようと奔走していました。並行し、鍋島閑叟、島津斉彬のように、欧米列強の優れた国の工業技術を積極的に受け入れ、追いつこうと躍起になっていた人もいます。ブラタモリの「鹿児島」でも紹介されましたが、日本人のすごいところは、「鉄が必要だ。反射炉を作ろう。」「ところで、反射炉って、何? だって、誰も見たことないし。絵もないし、どうする?。」「オランダの書物があるから、オランダ語を勉強し、そこに書いてあることから想像して反射炉を作り、鉄を作り、大砲を作ろう。」となったわけです。

とてつもないことで、そのエネルギーたるや、現代人には想像もできないものだと思います。別の言い方をすると、それほどまでに異国船が怖かった。そして、アヘン戦争で荒廃した中国が強烈な危機意識となって、尊王攘夷を推進したのだと思います。

 

こんな状況の法人さんが、医療と介護には沢山あります。うちのコンサルタントの高山が昨日、「本間さん、医療法人は、いよいよですね。今年に入って(3か月)、もう、2法人が買収されました。驚きました。」医療は、いよいよ、合併・統合の時代に入りました。なんですが、社会福祉法人は、まだまだ、でしょうか。

私のお客様にも江戸幕府のようなお客様がいます。しかし、残念ながら、その法人には、阿部正弘、島津斉彬、鍋島閑叟、徳川斉昭、がいないのです。もう、黒船が来るまでは、変わらないかもしれませんね。とても、とっても残念です。一橋慶喜はいるのですが、、、、

ゆえに、改革は進まず、改革を志すと排除されてゆきます。私は、「時を待ちましょう。その時がきたらね。」とお話ししている人たちが法人内にいます。ただ、私は、コンサルタントなんで、この法人を去ることになるわけですが、、、残念ですが、力不足でした。多くの志士を残して去るのは辛いところです。最後の話は、「命を無駄にせず、生き残って時を待つことが大事。血気にはやって蛤御門の変で命を落とさないように、久坂玄瑞のように。」です。

ここからは、心の中で「いずれ、国が乱れ、新しい価値観が必要になるはずです。その時には、薩長連合をして、国を生き残らせてください。」です。

 

歴史から何を学ぶかが歴史の授業になります。年号を覚えることが授業ではありません。そのことを仕事の中で若い職員さんたちに伝えてゆきたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 庄子さんに、「私は、今の社会福祉福祉法人の姿は、第2世代だと思っているんです。第1世代が措置の時代。…
  2. 本間先生   朝早くからすみません、榊原です。 ブログ、庄子理事長の文章、拝読させて頂きました…
  3. 社会福祉法人青葉福祉会 理事長 庄子 清典様より寄稿いただきました。(2019年3月15日) 『待…
  4. 4月からのHMSエリートに来てください。楽しく、苦しく、希望を持って帰っていただけると思っています …
  5. 本間:「やっている業務を、一つ残らず、全て書き出してね。」 本間:「業務を、都度業務、毎日業務、1…
  6. 今日、日経新聞に、スタバの成長が既存店で鈍化していて、今までのビジネスモデルを再考する必要があると出…

ピックアップ記事

  1. 会場は15人の参加でした。 CD受講合わせて18人でした。 アンケートです。 …
  2. 演習 急性期 100床 + 地域包括ケア病棟 50床 と訪問看護、デイケアの医療法人と 特養、デイ…
  3. 本間様   先日の研修で話が出ていたオリエンテーションブックを添付します。   このオリエン…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る