番頭塾にご参加のみなさんへ「番頭を定義します。」

本日から、番頭塾の番頭を務めます、本間と申します。よろしくお願いします。

番頭塾を始めるにあたり、番頭を定義します。

番頭:商家などの使用人の頭。営業・経理など、店のすべてを預かる者。← 辞書にこう書いてあります。

と、いうことは。

番頭塾における番頭とは:「法人のすべてを預かる、職員の頭」と定義します。

そのために必要な要件とはなにかを考えて学習することで、その必要な能力を習得しましょう。

ご参加の30人全員は同じに認識でいていただきますようにお願いいたします。

それでは試合開始です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 先日は、監査法人の会計士と話をしてました。そのとき、「やはり、監査先で、合併・統合の話がチラホラでて…
  2. 以下、ソース(素)は、NHKテレビです。番組で、「以下の三つのうち、寝たきりにならないために、効果が…
  3. 先週あたりから夏休みです、世の中は。我々の業界は、個々に取るので関係ありませんが。 まあ、今日は、…
  4. 今日は、関連の学校法人の監査のご相談でした。本題は5分ほどで終わり、様々な話になり、国の政策、制度、…
  5. 今日、選抜メンバーが、人事考課の働き方の指針の20項目を、一つずつ定義し、チェックリストを作成してい…
  6. みんな、事業費と事務費の科目の中身を調べながら、ただただ驚くばかりです。今回の中核職員研修はここから…

ピックアップ記事

  1. みんな、事業費と事務費の科目の中身を調べながら、ただただ驚くばかりです。今回の中核職員研修はここから…
  2. 本間先生 いつも大変お世話になっております。 昨日は研修に参加させていただき、ありがとうございま…
  3. 昨日は、とってもいいセミナーでした。そう感じたのは、セミナーが「WJU人」としてではなく「日本人」と…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る