風土(カルチャー)が法人を決めるんだということをご理解いただくために。

このブログを読んでいる管理職のみなさんへ

 

Aさん:いざとなったら、自分が責任を取る覚悟で部下を叱咤激励しながら仕事を全うしようとしている。

Bさん:言うことは立派だが、いざとなったら、責任を部下に押し付けて逃げてしまう。しかし、部下には上手に叱咤激励しながら仕事をしている。

会議では、Bさんはうまく立ち居振舞う。Aさんは、いつも経営者に怒られる。時には経営者に意見をすることもある。← この様子を部下が知ることはない。

みなさんは、どちらの上司を信用しますか?

 

もう一つ

Aさん、A2、A3、A4、A5、、、Aさんのような人が管理職で5人いる。

Bさん、B2、B3、B4、B5、、、Bさんのような人が管理職で5人いる。

Aさんと同じような職員が管理職している法人の風土(カルチャー)と、Bさんと同じような職員が管理職をしている法人の風土(カルチャー)のどちらが働きやすいですか?

 

答えは、

Aさんのいる法人は、本当に頑張る人が、本当に全体最適を考える人が法人に残りますよね。

Bさんがいる法人は、育って、あるレベルになり、自法人の管理職と接するたびに、嫌悪感と絶望感が出て、やがて、力がついたら辞めて行きます。そして残って管理職になった人は、Bさんと同じように、責任を下へ下へと押し付ける。そういう人たちに法人を管理して運営する。

 

教科書には載っていませんが、経営の本質とはこのようなところにあるのです。管理職教育と経営者教育が必要な所以がご理解いただけるでしょうか?

大事なのは、マインド(素)であり、ものの見方と考え方です

Aさんでいるためには、第一に、経営者がこの経営の本質を理解することが大事です。

だから、そのために私たちはいるのです。

だから、WJUの信条があります。

だから、WJUの信条の中に、必要であればガバナンスを触る。と書いてあるのです。

 

頑張ります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 今日は、中核職員研修の残り2回の法人さんです。来月が、理事長と理事のみなさんの前で御前試合です。理事…
  2. 日本がコロンビアに勝ちました。世の中は神の手によって導かれるかのごとく、人間の予想を超えて物事が起こ…
  3. 日本電産の永守さんが大学の理事長になり、「日本で3本の指に入る大学を作る!」と言われているそうです。…
  4. セミナーの内容 1 政策のメインストリームと方向性を理解する。 2 地域を知る。 3 経営環境…
  5. 病院の収支が分からないのは当たり前。 委託、仕入れ、設備関係の契約書があるのかないのか分からない。…
  6. HMSエリートでは、従来、3,4回のマーケティング・マッピング・ポジショニングでは、「絶対評価の優位…

ピックアップ記事

  1. 初めての奄美です。どんなところかは、土砂降りなもんで、あんまり良く分かりませんでした。でも、楽しかっ…
  2. 「野球は一球ごとに監督がサイン出すものね。こうしろ、みたいな。でも、サッカーは止まってないからね、監…
  3. 今日の宿題は以下です。 Q1:法人の風土(カルチャー)が起因となっている問題を整理してください。そ…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る