ベストプラクティス 対 経営者のやりたいこと。

とある法人の事業戦略の方向性とそのアクションは決まっています。これまでマーケティングにおいてドミナントエリアと事業選択、そしてそのスピードを考えて、その理屈をもって事業戦略はたっています。

しかし、経営者には「内心」で他にやりたいことがあります。事業戦略とは違う方向性だとしても経営者がやりたいことです。

 

また他の法人では既存事業体質の改善を図るため、収支改善で赤字事業の建て直しを進め、それでも難しい場合廃止も含めたハードランディングで、なんとか出血を止めようと提言します。

しかし、経営者には人を大事にする理念とそれを続けてきた信念があります。

 

また他の法人では現在の地域とその周辺地域における好機(チャンス)が見えたので、それを説明し法人の事業展開(拡大)の可能性について提言します。

しかし、経営者は規模拡大よりも今の組織の充実と腰をすえた安定経営がしたいと「内心」考えています。

 

コンサルに正解はありません。事業と経営の法人毎のベストプラクティスを見つけて法人に最適を提供しますが、時にそのベストプラクティスと経営者のやりたいことは相反することもあります。そこに経営者の想いと考えと情熱があれば、それを支持し実現させる方法を考えます。WJUは法人のゴーイングコンサーンのために働いています。ベストプラクティスとは違っても、経営者に想いと考えの軸がしっかりしていて情熱が強ければ、成功を手にするための最も重要なエネルギーとなり、後に正解だったと思える結果が出るのだと思います。

経営者にそれがなければ、時に戦うこともありますが。。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木 真一

鈴木 真一専務取締役

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社、大手税理士法人マーケティング部長を経て、現ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社専務取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 先日は、監査法人の会計士と話をしてました。そのとき、「やはり、監査先で、合併・統合の話がチラホラでて…
  2. 以下、ソース(素)は、NHKテレビです。番組で、「以下の三つのうち、寝たきりにならないために、効果が…
  3. 先週あたりから夏休みです、世の中は。我々の業界は、個々に取るので関係ありませんが。 まあ、今日は、…
  4. 今日は、関連の学校法人の監査のご相談でした。本題は5分ほどで終わり、様々な話になり、国の政策、制度、…
  5. 今日、選抜メンバーが、人事考課の働き方の指針の20項目を、一つずつ定義し、チェックリストを作成してい…
  6. みんな、事業費と事務費の科目の中身を調べながら、ただただ驚くばかりです。今回の中核職員研修はここから…

ピックアップ記事

  1. みんな、事業費と事務費の科目の中身を調べながら、ただただ驚くばかりです。今回の中核職員研修はここから…
  2. 本間先生 いつも大変お世話になっております。 昨日は研修に参加させていただき、ありがとうございま…
  3. 昨日は、とってもいいセミナーでした。そう感じたのは、セミナーが「WJU人」としてではなく「日本人」と…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る