「介護職員等特定処遇改善計画書作成に資するツール」試行版がリリースされました

2019-8-21

厚生労働省より「介護職員等特定処遇改善計画書作成に資するツール」の試行版がリリースされました。このツールを用いることにより、加算を取得することで得られる見込み金額や、職員のグループごとに賃金改善額の配分比率を計算するなどの、事業所の状況に応じたシミュレーションが可能となります。

以下のリンクよりダウンロードできますので、是非お試しください。

 

★株式会社三菱総合研究所 厚生労働省 老人保健健康増進等事業

https://www.mri.co.jp/project_related/roujinhoken/

おすすめ記事

  1. NHKの9時のニュースを見ていました。 初めて知りました。中国では、80歳代の致死率 14.8%、…
  2. 来年も全国老施協のエリートコースが開催されるとのことです。 来年のコースは、以下の3企画とのことで…
  3. もう、WJUのコンサルティングは、働き方改革・同一労働同一賃金対応コンサルティングではありません。 …
  4. 今日、管理会計と人事考課を連動させて行うためにテレビ会議をしました。 管理会計のセグメント人事考課…
  5. ヤツの正体が分かるまで。 国の対応が決まるまで。 自分たちの身は自分で守りましょう。 大事なこ…
  6. WHOは、危険性の評価を、世界的「並」から「高」に変えました。 自民党は27日、中…

ピックアップ記事

  1. Q:今後の抱負、法人の事業に生かしたいこと、個人的にもチャレンジしたいことを書いてください。 医療…
  2. Q:経営リーダー養成塾、全コースを通じて、改めて、受講されての感想を教えて下さい。 宿題大変でした…
  3. 来年も全国老施協のエリートコースが開催されるとのことです。 来年のコースは、以下の3企画とのことで…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る