昨日は愛知県で人事考課制度構築コンサルでした。

写真
人事考課制度における評価の在り方は、仕事の評価と、人物の評価で行います。
この評価はか必ず分けて評価し、人物評価のみで仕事の評価を覆ってはなりません。またその逆もです。

昨日の法人では業務標準(マニュアル)の作成に取りかかりました。これは仕事の評価基準となります。

業務標準(マニュアル)は何でも作ればよい、ではありません。
その法人の品質の定義となります。
どの業務の、どこからどこまで、人により出来不出来があ、統一されていない、などを考えて、
業務(品質)の単位を決めて、一覧表=マトリクスにする作業から始まります。

このマトリクスが出来ることによって、現場職員や考課者に評価の定義が明確になり、品質の定義が定まります。

今日は仙台です。
頑張ります!