キャリアラダーを考える

本日は中京地区の法人さんで人事考課制度構築でした。(暑かったです・・・)

午前中は本部コアメンバーの方と制度設計の打ち合わせでキャリアラダーの見直しを協議しました。

このキャリアラダーをきちんと設計できていない法人が多く存在します。

職員数のボシュームゾーンはどこですか?

現場従事職員にいくつの職位が用意されていますか?

上位層(管理層・経営層)にばかり多くの種類の職位が用意されていませんか?

上手に設計すれば、職員個々のモチベーションが上がり、各層における職務職責を持たせることで法人の組織強化につながります。

 

午後はベストプラクティス職員30名と業務標準(マニュアル)の進捗確認及びディスカッションを行いました。

 

明日は奈良、明後日は大阪、木曜日と金曜日は九州の2つの法人さんです。

暑さに負けず頑張ります!