考課者(=管理職)の「技量」と「力量」

今週一週間は南の地方の法人さんで、考課者研修の大詰め(最終回)です。

1〜5回の研修を通してお伝えしたのは、管理職としての力量です。

主に「技量」を上げる研修は多いですが、管理職の本質的な「力量」を上げなければなりません。

WJUでは管理職が考える力を身につけるための研修に注力しています。

考課者のスキル向上とは言わば管理職の力量向上と位置づけます。

「技量」・・・ある物事を処理する能力。考課ツールの使い方、評価の仕方、面談テクニック

「力量 」・・・ある物事をするのに出し得る能力。部下の育成に資する考え方と実践。本質・本旨の立ち返りと理解、発信、調和、、、

ご興味あればお問い合わせください。