某県経営協会長から研修テーマのご相談

ご支援先法人の理事長で某県の社会福祉施設経営者協議会会長より、今年度6月の総会で研修を企画するのであれば会員法人にとってどんなテーマがいいのだろうか、とのご相談がありました。(※当該県から講師オファーを受けている前提ではありません。)

私からは2つお答えしました。

1、2025年、2045年モデルに対応した経営戦略

2、戦略的人事制度の構築

但し「1」については、15改定により介護事業の方向性が見えてきた今必要な情報ですが、県内中心部と地方部によっても地域毎のマーケットが違うため「あるべき論」は共通ではないこと、また保育や障害事業の法人会員のニーズが違うことなど、参加会員法人全てに当てはまる内容にはなり得ない、とお伝えしました。

そして今、WJUが講演依頼を受ける一番のテーマは「2」であり、その理由は「1」のように地域差はなく、人材育成(組織強化)と人材不足(人が集まる組織)の課題が、業種問わず法人共通であることからご依頼が多い、と実務現場での多数の経営者のお悩みの傾向を基に「2」の人材に係るテーマをお勧めしました。

社会福祉法人は今大きな岐路あると思います。もちろん上記「1」と「2」はどちらも検討及び実践して動かなければならない時期にあります。しかし全ての法人が事業戦略を立てる意欲を持ち合わせているわけではありません。ならば事業継続の前提の一つである「人(組織)」に対しては、いづれの法人も取り組むべき事業戦略であると考えます。