19日セミナーの「はじめに」の部分です。

はじめに

私は、これから、医療と福祉(介護・障がい・就学前)の事業者は二極化していくと考えています。

  • マーケットは二極化する。「これから爆発的に伸びる市場ともう縮少のみの市場。」
  • 地域からの信頼も二極化する。「地域・行政から信頼される法人と関心のない法人。」
  • ケアの技量も二極化する。「高い基本料金が取れる法人と取れない法人。」
  • 人材の定着も二極化する。「給料が払える法人は生き残り、払えない法人は消滅する。」
  • 職員の定着も二極化する。「職員が辞めない法人と辞める法人。」
  • 経営の質も二極化する。「優秀な職員がいる法人といない法人。」
  • 結果、法人の業績も二極化する。「利益がさらに増える法人と赤字が常態化する法人。」

医療と福祉の政策は、地域医療構想、地域共生社会(地域包括ケアシステムを含む)、となりました。法人経営のルールは2040年モデル、アウトカム評価・実績値評価の導入が始ります。介護保険は、2021年改定から科学的裏付けに基づく介護が始まります。

法人同士の生き残りをかけた戦いは、いよいよ新しいステージが始まるのだと思います。法人が、次の50年の切符を手に入れるためには、事業戦略によって、「他法人との差別化とステークホルダー(利害関係者)からの信頼」が大きな鍵となる。

私は、現場に入るコンサルティングを実践しています。そして、今までの経験から、他法人との差別化とステークホルダー(利害関係者)からの信頼を勝ち取るためには、「接遇を再定義すること」が重要な経営課題だと理解しています。

今回、お伝えしたいのは以下の通りです。

  1. 接遇を再定義し、ステークホルダー(利害関係者)からの信頼を勝ち取る柱の一つにする。
  2. 再定義された接遇を法人のカルチャー(文化)にする。
  3. 接遇を法人のカルチャー(文化)にするために、躾(しつけ)というマネジメントを行う。
  4. ご利用者・ご家族だけではなく、地域、前方連携先、後方連携先、行政から愛される法人になる。
  5. 法人は、次の50年の切符を手に入れる。(事業戦略の差別化が共に必要です。)

本日ご参加に皆様にとって有意義なセミナーであることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. H28年 → H29年 【増えた事業ベスト3】 1位 訪問看護ステーション 9,…
  2. WJUの事務所に、TさんNさんのコンビに、たまにHさんという社会保険労務士さんが登場するようになって…
  3. こちらの法人様は、職員インタビューから始めました。問題点は、経営者不在、マネジメント不在、派閥・イジ…
  4. お会いして、ご挨拶の後、「大丈夫でしたか?」との問いに「いやー、大丈夫だったんだよ。ここね、非常電源…
  5. ある方からメールをいただき、以下、お返ししました。 お読みいただいた皆さなの参考になれば幸いです。…
  6. 本間先生 夜分に失礼致します。昼間は、勤務の為メールを送ることが出来ず夜分に送ることになり申し…

ピックアップ記事

  1. 【講座終了を迎え今後の抱負やチャレンジしたいことを教えて下さい。】 良い方向に進んでいる状況を維持…
  2. 半年が無事に終わりました。皆さん、いろいろなものを持って帰っていただきました。 今回は、今までで一…
  3. アンケート 【感想・達成度を教えてください。】 とても感動した 4 大変良かった 2 充分達成…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る