「今までのHMSエリートとは、全然違いますね。」と言っていただきました。

HMSの小池さんから「今までのHMSエリートとは、全然違いますね。」と言っていただきました。

私からは「ええ、マスターコースですので。」と。

田中代表からも「良いスタートが切れたのではないでしょうか。」と言っていただきました。

「2040年にポジションを取っていることが目的で、そのために具体的にどうするかを考えるために皆さんに集まっていただいているので。」とお話ししました。

 

今日の終わり頃、小池さんが参加者のお一人に、「OOさん、だんだん、無口になって来ましたね(笑)。」というと、「はい、どうしていいか、分からなくなって来ました。」と。

2040年に勝ち残る条件を学んで行くと「あれ!?、ウチは、条件満たしていないばかりか、難しいかもしれない、、、」とわかってきたのです。

2040年にポジションを取ることがいかに難しいか、説明すると、みんな息を呑みます。

私は、コンサルティングで、この仕事をしているのです。私は、日常的にこのことを、ずーっと、考えて、法人の経営者の方と話し合っているんです。

「早く出口を探さないと、時間がないですね。脱出できないかも、、てのが一番の悲劇ですね。」的な。

 

HMSエリート卒業生の皆さん、田中代表と小池さんから「マスターコース、出たほうが良いですよ。」って、言われますよ、きっと。

そうそう、今日の宿題ってのは、ありません。だって、勉強するところじゃないものね。

やらない人は、勝ち残ることを放棄しているに等しいから。

 

今日、だんだん無口になっていった経営者の人と夕飯を食べながら話をしました。

曰く「先生の話を聞いてて、だめだ、2040年のイメージが湧かない。ワクワクできない。これは、難しい。」と。

「そうだね、全ての法人が2040年にポジション取れるわけでもないものね。2040年に法人がないというもの選択肢の一つだね。」とお伝えしました。

私は、経営者の人に「OOさん、何がしたいの?」というと、「はい、それを知るために、ここに来ました。」と。

マスターコースの厳しさですね。現場の延長線上に道が消えると理解することも経営者に取っては、大事な気づきです。

「一緒に考えてもらいたい。」という感じの話でしたので、「いろいろと考えようね。」と。

出口を一緒に考えることにしました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 夕方から、リモートで打ち合わせです。 こちらの法人さんは現場に優秀な管理者がいます。本部さんは、残…
  2. 今日は、抜けるような青空です。 こんな、疑いようのない晴れなのはいつ以来かなと。 …
  3. 今日から、一つの法人の経営のあり方を変えて、2040年に勝ち残る仕事が始まります。 この半年で準備…
  4. すみません、自慢話をさせていただいてもいいでしょうか? 先週、報告書を作成して納品しました。 こ…
  5. 今日は、テレビ会議で、WJUFSで補助金の挑戦をするため、その打ち合わせです。 ハードルも倍率も高…
  6. 先日、HMSの田中代表と話をしていました。 「この冬から、少しずつ、セミナー会社さんもトンネルの先…

ピックアップ記事

  1. 今日の講師の松岡さんから、メールをいただきました。この文書を読んで、「よし、障がいをやろう!」と思っ…
  2. 昨日、理事会のあと、経営者の方と法人幹部の方と食事をさせていただきました。 お引き受けした時は厳し…
  3. HMSさんのVisioと戦略 10月号に、活躍する事務長・経営幹部リレー 7号 があり、HMSエリー…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る