時代は変わる。そして、時代で変わってほしくないもの。「祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらわす。」

昨日の新聞にアマゾン課税をドイツとフランスで考えているとの記事が出てました。ビジネスがボーダレスになり、課税もボーダレスになって来ることでしょうね。二重課税問題はどうするんでしょうかね。

昨日、伊都国歴史博物館に行きました。2000年前は、日本で一番先進的な技術が伝わって、大陸の玄関口として税を取り、中国の漢王朝の役人が常駐し、港が整備され、兵隊がいました。その当時、日本で最も富に溢れた街だったわけです。今は、面影もなく、住宅と畑が広がっています。野球場では、地元の小学生がソフトボールの試合をしてました。

 

医療・福祉はどうでしょうか?

都道府県は、もう、補正予算で自治体病院は救えなくなるでしょうね。

もう、新規の病院、事業所は非営利しか認められなくなりますね。

多くの医療保険事業が介護保険事業に移されてゆくでしょうね。

要介護1は、次改定で、総合事業に移行することでしょうね。

医療法人も介護が外せない時代になりました。

介護は障がいが外せない時代に入ります。

我々の仕事も、ICT、IoT、AI が欠かせない時代になりました。

そろそろ施設の建物も、なんとかしないといけない時代ですね。

我々の仕事は、情報の切り売りでは、もう持たない時代になりました。

法人は、介護職と間接業務職の給与格差が広がる一方で、間接職は本部機能、人事部、以外が業務を外だしするようになることでしょう。

法人はやがて、事業連携、経営統合、地域福祉連携法人化していくことでしょう。

時代は、常に、常に、変わるのです。

 

先日、こんなことがありました。ホテルに泊まり、翌朝ホテルブッフェを食べてレストランを出ようとしたとき、「お客様、、、」と若いフロアー担当が、私が一人になったところを見計らって声をかけてきて、「ここに、、、」と自分のあごに指を。私は。「あっ、ありがとう。」と行って、あごについているであろう何かをとりました。ごはん粒でした、しかもあごと唇の間に。彼の気配りと配慮に感謝感謝です。

時代は変わっても、変わってほしくないもの、変わってはいけないものがあるのです。

 

私の大好きな一節です。

祇園精舎の鐘の音、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらわす。猛き者もつひにはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 今日は、中核職員研修の残り2回の法人さんです。来月が、理事長と理事のみなさんの前で御前試合です。理事…
  2. 日本がコロンビアに勝ちました。世の中は神の手によって導かれるかのごとく、人間の予想を超えて物事が起こ…
  3. 日本電産の永守さんが大学の理事長になり、「日本で3本の指に入る大学を作る!」と言われているそうです。…
  4. セミナーの内容 1 政策のメインストリームと方向性を理解する。 2 地域を知る。 3 経営環境…
  5. 病院の収支が分からないのは当たり前。 委託、仕入れ、設備関係の契約書があるのかないのか分からない。…
  6. HMSエリートでは、従来、3,4回のマーケティング・マッピング・ポジショニングでは、「絶対評価の優位…

ピックアップ記事

  1. 初めての奄美です。どんなところかは、土砂降りなもんで、あんまり良く分かりませんでした。でも、楽しかっ…
  2. 「野球は一球ごとに監督がサイン出すものね。こうしろ、みたいな。でも、サッカーは止まってないからね、監…
  3. 今日の宿題は以下です。 Q1:法人の風土(カルチャー)が起因となっている問題を整理してください。そ…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る