「広島カープを誇りに思う。⑵ 」 鉄人、かつ、人格者 衣笠祥雄さんの逸話。そして、広島カープのDNAの話。

人格者 衣笠祥雄さんの逸話です。この人の話は事欠きません。いつも、かくありたいものだと思わせてくれるプロフェッショナルであり人格者です。

衣笠祥雄さんはずっと成功した野球人ではありません。入団当初は、強打強肩のキャッチャーでした。しかし、入団早々、肩を壊します。あっと、いう間に引退の危機に。

まだ、若かった衣笠さんは荒れていたそうです。見かねたスカウトの木庭さんが「このままじゃダメになる。真剣に野球に取り組め。」と諭したと言われるほどです。肩を壊した衣笠さんに一塁転向を進めたのが根本さん(西武の黄金時代をマネジメントした人)で、コーチしたのが広岡さんと関根さんです。この3人の名前を聞くと、我々の年代は、「おっっ。」となります。

衣笠さんは、フルスイングで知られるほど身体能力に優れ、強靭な肉体を持っていました。その肉体にも増してすごいのが、試合が終わった宿舎でも、部屋でバットを夜中まで降り続けるほどの努力を怠らなかった人だということです。

 

そして、プロフェッショナルな人だというだけではなく、人格者として大変優秀な人でした。衣笠さんを悪くいう人はいません。

こんな逸話があります。私も子供のころにリアルタイムでこの場面をテレビ見てましたので、覚えています。その頃、衣笠さんは、連続出場記録を続けていました。そんな選手に巨人の西本投手が、あろうことか意識しすぎたあまり、まともに背中にデッドボールをしてしまいます。もんどり打って倒れます。左肩の骨折です。球場は騒然とし、乱闘になりました。「連続出場記録のかかった選手になにするんだ!」「うちの衣笠にわざと当てたな!」と。

そんなとき、衣笠さんは「怪我するぞ、おれは大丈夫だからピッチャーはベンチにいろ。」と必死に声をかけました。普通なら激昂するところ、まだ若かったピッチャーの西本投手を思いもみ合いの中、必死に近づき声をかけたのです。

翌日、衣笠さんが代打で登場します。もちろん、骨折しているわけですから試合に出れる状態ではありません。しかし、江川投手の豪速球の3球ともフルスイングします。当然、三振するわけですが、のちに、そのときのことを「1球目はファンのため、2球目は自分のため、3球目は西本投手のため、全力でフルスイングした。」と語ったと言われています。

かくのごとくありたいものです。

 

広島カープには、そういう選手が多いと言われています。広島カープのDNAです。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 貸借対照表から法人の体質、戦略、課題が読み取れるんです。「人件費率が高いよねー」とかじゃないなくて。…
  2. 今週はブログには書けない系の仕事が3本ほどあり、ちょっと時間もタイトでした。 いつもお願いしている…
  3. 「いい、ここの法人さんは、周回遅れなの、だから、まだ攻めに転じられないからね。」 「管理会計を使っ…
  4. 今日、仕事に行った法人さんの会議室に額に入ってかけられていました。 これ、私の聖書です。私の「マイ…
  5. 攻めの検査をするようになり、数字から、もみ合いに入ったのが分かります。「数字を見続けることの大事さを…
  6. 今日、土地の活用で福祉施設を作るためのうち合わせが終わり、駅まで送っていただく時、車の中で、教えてい…

ピックアップ記事

  1. 朝は、何はともあれ、スタバに行ってコーヒーを飲みます。 なぜ? 落ち着くからです。 …
  2. 参考になれば。 報告から 報告者は、法人に対し、出来るだけ早い「法人経営スタイル…
  3. そこに大義がないと、絶対に、出来ない仕事なんです。 そこに大義がなければ、絶対に、絶対に経営者を説…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る