みなさんは、コンサルティング会社だから、厳しい話に終始して、法人さんに危機感を持たせて稼いでいると思っていませんか?

みなさんは、コンサルティング会社だから、厳しい話に終始して、法人さんに危機感を持たせて稼いでいると思っていませんか?この内容を読んでいただければ分かる通り、事実はそのまま文字になります。良いものは良いと書き、悪いものは直した方が良いと書きます。少なくとも、WJUは、現状に対して足しもしないし引きもしません。あるがまま、ご報告します。

 

今日は、報告書を持参して、関係者にご説明です。

ここは、年間の利益も全国平均以上にしっかり確保していて、財務もOKです。財務が全国平均以上に上がっていますが、WJUの現状調査で、事業高の2%の利益改善が可能と判断しました。これは、専門知識が必要なんでしょうがありませんが。← 2%は凄くないですか? コンサルティング会社はお金を増やすことができるのです。間違えて選ぶとダメですが。

 

【法人の風土(カルチャー)】

社会福祉法人OOOOは、昭和OO年O月の法人創設以来の長きにわたりOOOに根ざした品質の高い介護サービスを実施してきたことは、今回のインタビュー対象者である職員の表情が物語っていた。忙しい中にも笑顔を絶やさず、落ち着いて業務遂行している様子から、働きやすい職場の風土が醸成されていると判断した。離職率も低く、永年勤続の職員が多い反面、ここ1、2年は職員の入れ替わりあるが、その理由は人間関係の悪化ではないと確認した。

介護職(支援員)を中心とした業務連携は、看護職員、生活相談員、事務員など他職種が協力して実施しており、少ない人員でもスムーズに業務遂行できている。そのため、少々ハード面等に不満因子があっても、給与に不満を持っている職員はごく少数のため、離職率も低くなっている。インタビューにおいて、人事考課制度の構築についての意見を聞くと、「あったほうがいい」「必要と思う」「内容を聞けばみんな納得するはず」と全て肯定的な回答であり、新しい事柄についても許容する風土であると判断する。

 

こういう法人さんは、次の50年の法人生き残りの切符を手に入れるために、やらなければいけないことは沢山あるのです。

良い法人さんですよ、ここは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 今日の晩に行ったお蕎麦屋さんは、アントニオ猪木さんの行きつけのお店だそうです。 これが飾ってありま…
  2. 今日の午後は病院です。 私が「今どき、なかなかお目にかかりませんね。」と。「そうでしょう。」と。少…
  3. 明治の低迷(22年学生日本一なし)は、伝統という、昔ながらの運動部気質という風土(カルチャー)が原因…
  4. 昨日、受講生に、「この仕事をしているとね、大きくなっていくだろうな、とか、良い法人に成長していくだろ…
  5. 隣の国の関係も、お笑い帝国の闇営業の問題も、ホルムズ海峡周辺の国と世界一の国力がある国との問題も、世…
  6. ちなみに、今回、お二人がカバン持ちになっていますが、別に、このお二人の法人がWJUと契約しているわけ…

ピックアップ記事

  1. 本間先生 昨日は研修にお誘いいただき、また夜の食事会でもご馳走になり、大変ありがとうございました。…
  2. 今日の番頭塾のプレゼンの一人が作ってくれたパワポから。 これを読んで元気になっていただければ幸いで…
  3. このブログをお読みの皆さんに、3人のプレゼンをお見せできないのが残念なくらいです。 参加者に、「よ…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る