2代目の本音

今日、HMSエリートの卒業生の2代目さんから、参加の皆さんへと「2代目の本音」をいただきました。その一部をご紹介いたします。

 

「2代目の本音」

意気揚々と法人に入りました。親とその法人の助けになるために、自分が長年携わっていた仕事を捨ててやってきたのです。法人からも皆からも歓迎されると思っていました。

実際はドラマのように真逆の反応です。新人初日から「OOO」という肩書であり、誰も本音で話してくれません。古い体質を見つけて指摘すると職員から「当法人のやり方はこうなんです」と突っぱねられ、新しいビジネススタイルを提案しても「何を言ってるか分からない(苦笑)」と陰口が聞こえてきていました。介護事業という性質もあってか、「専門職」でなければ指導に対して真剣に耳を傾けてはくれません。ずっと馬鹿にされていたのだと後で知りました。私のせいで確実に10人は辞めたと思います。その歴史を知らないうちから、物事を語ることはいけないと経験しながら学びました。

(続く、、、、)

 

私は、経営者さん、跡取りさん、奥様、番頭さん、いろいろな方とのお付き合いがあります。

私の本音です。創業者と二代目さん、分かり合うことはないと思います。分かり合おうとはせず、お互いに、創業者も二代目も分をわきまえて、距離を置くことだと思います。

二代目に初代の苦労や鬼神のような働きが分かるはずもなく、初代と常に比べられる二代目や初代の取り巻きの人たちの冷めた目線の中でお客様のように扱われる辛さは分かりません。

お互いに分かってもらおうと頑張れば頑張るほど、溝は深まるものです。

見ていると、親子の関係で失敗する例ですが、二代目で失敗する人は「私は正しい。」「私には正義がある。」と言う人です。初代で失敗する人は「私はなんとかしないと。」と言う人です。

 

では、どうしたらいいか。

私は、こう思います。二代目さんは「親は他人」と思って冷めて経営を見ていること。初代は、二代目さんには、「黙っていろいろと経験をさせる」こと。そして、実学の中から学ばせること。そして、二代目さんに経営者の資質がない時は、絶対に経営はさせないこと。だと思います。

聞かれたら、そう言ってます。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 庄子さんに、「私は、今の社会福祉福祉法人の姿は、第2世代だと思っているんです。第1世代が措置の時代。…
  2. 本間先生   朝早くからすみません、榊原です。 ブログ、庄子理事長の文章、拝読させて頂きました…
  3. 社会福祉法人青葉福祉会 理事長 庄子 清典様より寄稿いただきました。(2019年3月15日) 『待…
  4. 4月からのHMSエリートに来てください。楽しく、苦しく、希望を持って帰っていただけると思っています …
  5. 本間:「やっている業務を、一つ残らず、全て書き出してね。」 本間:「業務を、都度業務、毎日業務、1…
  6. 今日、日経新聞に、スタバの成長が既存店で鈍化していて、今までのビジネスモデルを再考する必要があると出…

ピックアップ記事

  1. 会場は15人の参加でした。 CD受講合わせて18人でした。 アンケートです。 …
  2. 演習 急性期 100床 + 地域包括ケア病棟 50床 と訪問看護、デイケアの医療法人と 特養、デイ…
  3. 本間様   先日の研修で話が出ていたオリエンテーションブックを添付します。   このオリエン…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る