15,16日で、お話しします。「医療と福祉は、チャンスとピンチが背中合わせのスリリングなマーケットになる。」と話を始めます。

ピンチとチャンスが背中合わせ

「医療と福祉は、チャンスとピンチが背中合わせのスリリングなマーケットになる。」

      • 時代は新しい価値を求めて動いていることを自覚する。
      • 時代の変わり目は、新しいヒーローを生み、競争に敗れた法人には容赦がないことを自覚する。
      • これほどまでドラスティックに動く時代はない。50年に1回の試合のゴングが鳴った。
      • 今までの成功が将来の成功を約束するものでは無くなった。
      • 医療と福祉の経営は財務省が運営する、が厚労省の図式になった。いわば財務主導時代。
      • 医療、福祉について、政策の方向性が次々と示された。
      • 5G、ICT、IoT、ロボット、センサーなどの技術革新から、これから5年で現場の環境は一変する。技術革新について行けない、投資できない法人は取り残される。
      • 働き方改革、同一労働・同一賃金が雇用・労務のあり方を変える。
      • 働く人がいない一方、外国人の労働者が急増する。

各種統計から思考すれば、介護は成長産業

    1. 人口 2015年 1億2700万人 → 2060年 8,000万人  
    2. 高齢者 2015年 3,392万人 内訳 男 1,466万人 女 1,926万人
    3. 2015年 前期高齢者(65歳~74歳) 1,752万人
    4. 2015年 後期高齢者(75歳以上)  1,642万人
    5. 2011年 後期高齢者 総人口に占める割合 11% → 2040年 21%
    6. 年間死亡者数 2011年  122万人/年 → 2040年 166万人/年
    7. 在宅医療 2011年 17人/人口1万人 → 2040年 29人/人口1万人
    8. 訪問看護 2011年 29人/人口1万人 → 2040年 49人/人口1万人
    9. 24時間定期巡回            → 2040年 15人/人口1万人
    10. 小規模多機能 2011年 1箇所/人口1万人 → 2025年 2箇所/人口1万人
    11. 介護保険 2011年 8兆円/年     →     2025年 21兆円/年
    12. 医療保険 2011年 38兆円/年      →  2025年 60兆円/年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 今日の晩に行ったお蕎麦屋さんは、アントニオ猪木さんの行きつけのお店だそうです。 これが飾ってありま…
  2. 今日の午後は病院です。 私が「今どき、なかなかお目にかかりませんね。」と。「そうでしょう。」と。少…
  3. 明治の低迷(22年学生日本一なし)は、伝統という、昔ながらの運動部気質という風土(カルチャー)が原因…
  4. 昨日、受講生に、「この仕事をしているとね、大きくなっていくだろうな、とか、良い法人に成長していくだろ…
  5. 隣の国の関係も、お笑い帝国の闇営業の問題も、ホルムズ海峡周辺の国と世界一の国力がある国との問題も、世…
  6. ちなみに、今回、お二人がカバン持ちになっていますが、別に、このお二人の法人がWJUと契約しているわけ…

ピックアップ記事

  1. 本間先生 昨日は研修にお誘いいただき、また夜の食事会でもご馳走になり、大変ありがとうございました。…
  2. 今日の番頭塾のプレゼンの一人が作ってくれたパワポから。 これを読んで元気になっていただければ幸いで…
  3. このブログをお読みの皆さんに、3人のプレゼンをお見せできないのが残念なくらいです。 参加者に、「よ…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る