HMSさんのメルマガに載せてくださると言うので、1/26の人事のお誘いをお送りしました。こんな感じのものを。

コメント
今回の、働き方改革と同一労働同一賃金は、法人のマネジメントが大きく変わる法改定を考えています。
サービス残業、責任の曖昧さ、業務の範囲、正規と非正規の仕事の仕方、賃金の格差、他。
今まで多くあった、労務管理上の曖昧なところや現場任せにしていたことが許されなくなります。
 
例えば、人手不足のため、新人の方がベテランより基本給が安いような、いびつな給与体系を持った法人は、実は少なくないのです。これは、不合理です。正規と非正規で、ほぼ同じ仕事をしている、デイサービスやグループホームで、正規だから手当がつき、非正規だから手当が付かないは不合理です。
また、就業規則が1本で済ませることはリスクが高くなります。そして、就業規則に付随する、給与規定も変えなければなりません。
 
このように、直さないと、人件費に大きな影響を与えかねないことが様々あります。しかし、法人には、その知識が乏しく、多くの社労士は医療と福祉の現場を知りません。
そして、多くの医療法人と福祉事業者は大企業に分類されるため、2020年の4月から、あと、1年と少ししかありません。そうなると、今年の夏までには、仕組みを作り、秋からは仮運用が必要です。
 
当日は、WJU社労士事務所代表の細田の同席してQ&Aをさせていただきます。ぜひ、1月26日は、多くの皆さんのお話しをお聴きいただければと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 貸借対照表から法人の体質、戦略、課題が読み取れるんです。「人件費率が高いよねー」とかじゃないなくて。…
  2. 今週はブログには書けない系の仕事が3本ほどあり、ちょっと時間もタイトでした。 いつもお願いしている…
  3. 「いい、ここの法人さんは、周回遅れなの、だから、まだ攻めに転じられないからね。」 「管理会計を使っ…
  4. 今日、仕事に行った法人さんの会議室に額に入ってかけられていました。 これ、私の聖書です。私の「マイ…
  5. 攻めの検査をするようになり、数字から、もみ合いに入ったのが分かります。「数字を見続けることの大事さを…
  6. 今日、土地の活用で福祉施設を作るためのうち合わせが終わり、駅まで送っていただく時、車の中で、教えてい…

ピックアップ記事

  1. 朝は、何はともあれ、スタバに行ってコーヒーを飲みます。 なぜ? 落ち着くからです。 …
  2. 参考になれば。 報告から 報告者は、法人に対し、出来るだけ早い「法人経営スタイル…
  3. そこに大義がないと、絶対に、出来ない仕事なんです。 そこに大義がなければ、絶対に、絶対に経営者を説…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る