「大きく利益を出して欲しいとは言っていないんです。赤字にしないで欲しいのです。」。理想と現実の狭間で管理職も経営者も苦悩するものです。

本間:ねえ、OOさん、収支は見てる? 管理者なら見てますよね。

管理者:分かってます。

本間:じゃあ、わかるよね、マイナス400万円ね。これじゃあ、経営できないの、わかるよね。

管理者:分かってます、数字は見てますから。でも、今、私たちは頑張っているんです! みんな一生懸命なんです!

本間:あのね、頑張ってない人なんていないから。問題なのは、ずっと、赤字だってことでね。

管理者:(声が一段と大きくなって)だから、みんなで話し合って、頑張ろうって言ってるんです。私たちが目指す訪問看護を頑張ろうって。

本間:それ、ダメだと思うよ。ごめんね、1名分なの。わかる? 収支が合うように仕事してもらわないと。

管理者:車がなくてまわれないんです。

本間:車を言い訳にするの? じゃあ、車を1台当てればいいよね。いいよね。

管理者:(、、、)悔しいです。本当に悔しいです。

心の汗が出てきて、1分ほどの沈黙が、、、、、

本間:落ち着きましたか? 話しできますか?

管理者:はい。残念です。

本間:だから、1人分なの。1人の生産性を上げるの。分かるよね?

管理者:はい。

本間:大きく利益を出して欲しいとは言っていないんです。赤字にしないで欲しいのです。

管理者:はい。悔しいです。

心の汗が、、、、

本間:また、話しをしましょうね。

管理者:はい。悔しいです。

 

ここも試合開始です。

理想と現実の狭間で管理職も経営者も苦悩するものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 今日の晩に行ったお蕎麦屋さんは、アントニオ猪木さんの行きつけのお店だそうです。 これが飾ってありま…
  2. 今日の午後は病院です。 私が「今どき、なかなかお目にかかりませんね。」と。「そうでしょう。」と。少…
  3. 明治の低迷(22年学生日本一なし)は、伝統という、昔ながらの運動部気質という風土(カルチャー)が原因…
  4. 昨日、受講生に、「この仕事をしているとね、大きくなっていくだろうな、とか、良い法人に成長していくだろ…
  5. 隣の国の関係も、お笑い帝国の闇営業の問題も、ホルムズ海峡周辺の国と世界一の国力がある国との問題も、世…
  6. ちなみに、今回、お二人がカバン持ちになっていますが、別に、このお二人の法人がWJUと契約しているわけ…

ピックアップ記事

  1. 本間先生 昨日は研修にお誘いいただき、また夜の食事会でもご馳走になり、大変ありがとうございました。…
  2. 今日の番頭塾のプレゼンの一人が作ってくれたパワポから。 これを読んで元気になっていただければ幸いで…
  3. このブログをお読みの皆さんに、3人のプレゼンをお見せできないのが残念なくらいです。 参加者に、「よ…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る