今日、冒頭で、こんな話をしました。

「みなさん、職員は何人いますか?」から始めました。

まず、人事制度、人事考課制度を全員が納得することなんて、絶対にないから。みんなに理解してもらおう、とか納得してもらおうとか考えちゃダメだからね。だから、どこらへんで落とすかとか、ころあいを探すとか、そういう感じだから。なんで、力まないでね。

と、お話ししました。人事部の方で、このブログを読んでいる人は、「みんなが納得してくれるように!」って、いりませんから。

それと、みんな、文句のある時だけ、困っている時だけ、みなさんの所に来るから。間違っても「いつもありがとうね。」なんて言われないから。だから、なんで、みんな、私のことを認めてくれないのかって、悩まないでください。

まあ、割の合わない仕事なんです。でも、法人経営の要の一つです。「ここの法人は、俺でもってるんだ。」って思ってて下さい。

 

そこから、NPOとチャリティの話をし、ヨーロッパ大陸の話をし、「ねえ、ヨーロッパの城は、なんで、あんなに塀が高いの?」って話をし、その説明に、「ねえ、薩摩藩の鶴丸城はなんであんなに小さく、平たいの? ねえ、なんで熊本城はあんなにでかくて堅固なの?」と話をしました。

そこから、「フランス人は、なんで、あんな感じの人たちなの?」って話をし、USのボードメンバーは、みんな個人で弁護士がいるのはなぜ?って話になり、だから、自己主張が強く、権利意識が強いんだよね。って。

 

だから、今度の働き方改革・同一労働同一賃金はあんな法律なわけ。

「ねっ、分かった?」っていうのに、1時間10分かかりました。

結論は、「働き方改革・同一労働同一賃金は時間との戦いであり、日本人の価値観への挑戦」なんだよね。

 

ここまで、話をすると、理解していただけるわけです。

ホント、今度の法律は、日本人に馴染まないし、日本のカルチャーを変えるほどのインパクトがあるんですけどね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 20日の障がいで分かっていただきたいことです。 「予言です。」 「これから、障がい者事業者は顔ぶ…
  2. WJU側が、私とWJU社労士法人2名です。法人さん側は、理事長、以下6人にお集まりいただき、ご提案さ…
  3. 病院経営 皆さんの地域を見渡してください。大きな病院は建て替えて、さらに大きくなっていませんか? …
  4. 私、はや60歳なんです。もちろん本人としては、やたら元気にしてまして。 話はここなんですが、最近、…
  5. 今日は、昨日と反対の北の国です。明日のために前入りと、夕方、打ち合わせです。 今週は、16日のセミ…
  6. 6月16日 HMSセミナー政策研究会 特別講演会「25年改革の仕上げと40年ビジョンを見据え、これか…

ピックアップ記事

  1. 鹿児島遠征をご一緒した庄子さんからメールをいただきました。お互い、若い人たちのエネルギーを沢山もらっ…
  2. 昨日は、HMSエリート1回目の飲み会でした。 今回は、20人全員参加で、みんな、楽しそうに話をして…
  3. 「みなさん、職員は何人いますか?」から始めました。 まず、人事制度、人事考課制度を全員が納得するこ…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る