9月28日にこんなセミナーをさせていただきます。よろしくお願いします。

財務戦略と同じほど重要になった広報戦略が法人の業績を左右する

地域の信頼を築き人材確保に成果をあげるホームページ制作と広報戦略でブランディングの向上

~今のホームページでは、患者・利用者、職員も集まらない。広報戦略もホームページも基本があり、応用がある。~

 

お誘い

 今、診察、診療できないくらい人がくる病院と閑古鳥が鳴いている病院に2極分化し始めている。もう、聞き飽きるほど、「病院が患者さんを待っていればいい時代が終わった。」「これからは介護施設も選ばれる時代になった。」と言われている。では、どうしたらいいか? については、「患者さん本位、利用者さん本位のサービスを提供する。」と言う。しかし、もう、患者、利用者本位は、「当然のこと」になっている。これから、医療、介護サービス、福祉サービスの質の悪いところは落ちて行く。では、勝ち残った法人の次の一手は何が必要か? WJUは、多くのコンサルティング経験から。勝ち残った法人がこれからは本気で取り組まなければないない経営課題の一つが、広報、ホームページ戦略だと考えています。

 

 広報は、法人情報を広く伝えれば良いのではありません。誰に何をどのように伝えるかを理解しないまま広報活動をしても大きな効果は得られないのです。例えば、ホームページの作成は、経営者によっては、「ホームページは、どこかの良いものを真似て作ればいい。」と指示を出すことが多いのですが、出来てみると何かが違っている。結果、「思ったほどの効果が得られない。」と言われることがあります。なぜか、ホームページはコンテンツが勝負、正しい(反響がある)作り方があるのです。

 

 このセミナーでは、WJUが手がけたホームページを見ていただきながら解説をいたします。また、広報戦略の組み立て方から展開までを分かりやすくお話しします。多くの関係者の皆様にご参加いただければ幸いです。

 

内容

  • 広報とは何か? わかっているようで知らない広報。
  • 広報戦略が業績を左右する時代。
  • 広報 → 営業 → ホームページ → 問合せ → ご相談 → 契約。広報は、契約までの一連のフローで理解する。
  • ホームページはコンテンツ勝負。誰でも作れると思ったら大間違え。
  • 実際のホームページを見ながら、正しい作り方を理解する。
  • 就職を考えている人がホームページの何を見ているか?
  • SNSの時代の恐ろしさを知ることは重要な経営課題。
  • ブランディング戦略が法人の業績を分けるほど重要になった。

* 同業者、メディア関係者、会計事務所、税理士事務所などの皆様のご参加はご遠慮いただいています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. ちなみに、今回、お二人がカバン持ちになっていますが、別に、このお二人の法人がWJUと契約しているわけ…
  2. 今日の午前中は、クックサーブをしている会社の社長さんと打ち合わせです。 私は、「どんなに、今が上手…
  3. メンバーは、これから鞄持ちになる女子2名。WJUが誇る、TさんNさんHさん。ジャック。榊原先生。飛び…
  4. 20日の障がいで分かっていただきたいことです。 「予言です。」 「これから、障がい者事業者は顔ぶ…
  5. WJU側が、私とWJU社労士法人2名です。法人さん側は、理事長、以下6人にお集まりいただき、ご提案さ…
  6. 病院経営 皆さんの地域を見渡してください。大きな病院は建て替えて、さらに大きくなっていませんか? …

ピックアップ記事

  1. お陰様で好評でした。また、今日は大きな事故もなく、時間通りに終了しました。良かったです。 終わって…
  2. 【感想】 とても感動した     3 大変良かった      3 まあまあ良かった    0 …
  3. セミナーが終わってからの質問が多いセミナーなんですが、どうかな?と思っていたのですが、、 「給与計…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る