在宅を制するものが勝負を制す。そのキーマンは?

これから、幾つかの医療法人の現状を分析し、事業の方向性を考えなければいけません。

2040年も生き残るつもりがあるのであれば、「高度急性期を除いて、医療も介護も障がいも、在宅を制するものが勝負を制する。」のです。

そのための組織づくりと、成功の方程式づくりと成功のセオリーの理解と徹底です。

あとは、それぞれの法人の、① 財務が耐えられるのか、② 需要予測、③ 競合の状況、④ 組織力と人材の質、そして、⑤ フローのマネジメント、です。

 

そこで、大事になってくるのは、老健、なんです。

意外ですか?

だって、老健は、前方である病院と後方である住宅の繋ぎ目でしょう?

老健がしっかり経営できないようじゃ、在宅を制することはできないんです。

じゃあ、どうするか?

秘密です。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 社会福祉法人函館みらい会が、民事再生法の適用を申請しました。 負債16億円です。 再生は、福岡の…
  2. で、報告書の最後は、やっぱり、最後は、経営者の情熱に戻ります。 そう、気持ちなんですよね。 でも…
  3. 昨日、一生懸命、社会福祉法人の皆さんに伝えたんです。 「変わらない、変われないと明日は厳しいものに…
  4. はじめに  WJUが現在契約して、実際に提供しているコンサルティングは、事業計画の策定、新規事業の…
  5. 私ごとですみません、月火が沖縄、関西で、そのまま薄着で北海道に移動し、さすがに寒くて、水曜日の夜から…
  6. Q:コースを通して、学べたことを3つ書いてください。 働き方改革 数字に関して 他の受講生さんの法…

ピックアップ記事

  1. 昨日、一生懸命、社会福祉法人の皆さんに伝えたんです。 「変わらない、変われないと明日は厳しいものに…
  2. いつも大変お世話になっております。 まずは、エリート8期を受講させていただき、誠に…
  3. Q:本間先生はじめ講師陣に対し、感想や印象に残った事を書いてください。 最後まで見てくれて感謝して…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る