在宅を制するものが勝負を制す。そのキーマンは?

これから、幾つかの医療法人の現状を分析し、事業の方向性を考えなければいけません。

2040年も生き残るつもりがあるのであれば、「高度急性期を除いて、医療も介護も障がいも、在宅を制するものが勝負を制する。」のです。

そのための組織づくりと、成功の方程式づくりと成功のセオリーの理解と徹底です。

あとは、それぞれの法人の、① 財務が耐えられるのか、② 需要予測、③ 競合の状況、④ 組織力と人材の質、そして、⑤ フローのマネジメント、です。

 

そこで、大事になってくるのは、老健、なんです。

意外ですか?

だって、老健は、前方である病院と後方である住宅の繋ぎ目でしょう?

老健がしっかり経営できないようじゃ、在宅を制することはできないんです。

じゃあ、どうするか?

秘密です。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 今日の晩に行ったお蕎麦屋さんは、アントニオ猪木さんの行きつけのお店だそうです。 これが飾ってありま…
  2. 今日の午後は病院です。 私が「今どき、なかなかお目にかかりませんね。」と。「そうでしょう。」と。少…
  3. 明治の低迷(22年学生日本一なし)は、伝統という、昔ながらの運動部気質という風土(カルチャー)が原因…
  4. 昨日、受講生に、「この仕事をしているとね、大きくなっていくだろうな、とか、良い法人に成長していくだろ…
  5. 隣の国の関係も、お笑い帝国の闇営業の問題も、ホルムズ海峡周辺の国と世界一の国力がある国との問題も、世…
  6. ちなみに、今回、お二人がカバン持ちになっていますが、別に、このお二人の法人がWJUと契約しているわけ…

ピックアップ記事

  1. 本間先生 昨日は研修にお誘いいただき、また夜の食事会でもご馳走になり、大変ありがとうございました。…
  2. 今日の番頭塾のプレゼンの一人が作ってくれたパワポから。 これを読んで元気になっていただければ幸いで…
  3. このブログをお読みの皆さんに、3人のプレゼンをお見せできないのが残念なくらいです。 参加者に、「よ…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る