お盆ということで。「働き方改革と生き方改革」の両方が必要ですね。

仕事されている方で、このブログをお読みの方も沢山いらっしゃると思いますが、世間はお盆ということで。

 

このところ、働き方改革があり、サービス残業をさせないとか、黙示の承認とか、年次有給休暇5日取得とか、常勤と同じ仕事をしていれば非常勤も同じ処遇が義務づけられているとか、管理職は、仕事が遅いんだから早く来いは、絶対の禁句とか、家に仕事を持って帰るのはダメとか、そんな話をしているわけです。

 

そもそもの目的は、明るく元気に働くことなんで、そんな感じで調べると、以下が大事なことだと分かります。

私、以下を「生き方改革」と呼んでます。働き方改革のコンサルをはじめてから、生き方改革の話をするようになりました。

1 働き過ぎない。← どの口が言ってるんだ、と言われそうです。

2 休み過ぎない。

3 人のために何かする。

4 家族・友人との時間を持つ。

5 非日常の機会を持つ。

6 適度に運動する。

7 バランスよく食事をする。

8 新しい知識のための勉強をする。

9 人生、仕事、家族など、目標を持つ。

10 いつも笑顔でいる。

 

法人は、職員の健康管理をする上で、1〜10を上手に教育することも、働き方改革だと思います。

だから、「働き方改革と生き方改革」の両方が必要ですね。

サービス残業をさせないとかを技術論とするば、1〜10は、物の見方と考え方で、健康で楽しく働くマインド(素)をつくることです。

法人は、労務として、ここの部分も大事になってきますね。

 

私、10月に、3泊5日の旅行でお休みをいただくんです。この時間をとても大事にしています。「生き方改革」なんで。

仕事で関係する多くの方にオススメしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 今日の晩に行ったお蕎麦屋さんは、アントニオ猪木さんの行きつけのお店だそうです。 これが飾ってありま…
  2. 今日の午後は病院です。 私が「今どき、なかなかお目にかかりませんね。」と。「そうでしょう。」と。少…
  3. 明治の低迷(22年学生日本一なし)は、伝統という、昔ながらの運動部気質という風土(カルチャー)が原因…
  4. 昨日、受講生に、「この仕事をしているとね、大きくなっていくだろうな、とか、良い法人に成長していくだろ…
  5. 隣の国の関係も、お笑い帝国の闇営業の問題も、ホルムズ海峡周辺の国と世界一の国力がある国との問題も、世…
  6. ちなみに、今回、お二人がカバン持ちになっていますが、別に、このお二人の法人がWJUと契約しているわけ…

ピックアップ記事

  1. 本間先生 昨日は研修にお誘いいただき、また夜の食事会でもご馳走になり、大変ありがとうございました。…
  2. 今日の番頭塾のプレゼンの一人が作ってくれたパワポから。 これを読んで元気になっていただければ幸いで…
  3. このブログをお読みの皆さんに、3人のプレゼンをお見せできないのが残念なくらいです。 参加者に、「よ…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る