お盆ということで。⑶ 「言えることは、学ばない経営者の法人に未来はない。」

昨日、NHK特集を観ました。お盆ということで、戦争の特集です。

「ガダルカナル島の戦いの真実」という内容です。

特集では、従来、指揮官の無謀な戦いで多くの戦死者を出したということになっていたのですが、結論から言えば、現場を見ることのない安全な椅子に座り、半ば、仕事を放棄していた作戦上層部にこそ問題があり、現場の指揮官は、この絶望的の状況下で、命令に従って悲劇的な戦闘を行った、というものでした。

また、ガダルカナル島の戦いは、陸軍と海軍の共同作戦でしたが、お互いの主張を繰り返し(部分最適)、全く、共同(全体最適)で動くことはなく、相手に求めるばかりで言い訳に終始する、愚かな作戦上層部が描かれていました。

気の毒なのは現場指揮官とその兵士達でした。現場は事実を掴み、無理な作戦であることを見抜いていました。しかし、安全で快適な部屋で指揮権を行使する作戦上層部は、現実を過小評価し、味方の状況を理解しようともしていなかったという描かれ方でした。

 

日本軍の悲劇は、経営者不在の、誰も責任を取らないマネジメントで、その組織の下、能力が著しく劣る司令官達による根性論を前提とした作戦の立案と命令であったと、私は理解しています。

 

私の叔父二人は、一人は満州からシベリアに送られました。もう一人は、駆逐艦に乗って、潜水艦や戦闘機の標的になっていました。

それだけ、尋常ではない現実がそこにはあったことでしょう。

二人とも奇跡的に帰還しました。二人とも、戦争の話を、生涯、私にすることはありませんでした。私も、とても、二人に戦争の体験を聞く勇気はありませんでした。

 

法人経営にも通じるところが沢山ありますね。

経営の成功と失敗は紙一重です。何がそれを分けるのか、死ぬまで分からないことでしょう。

明治維新は敵国から学ぶという素直さがありました。薩摩藩、長州藩は、街を焼かれるような惨劇をもたらせたイギリス、フランスに視察団を1年半も掛けて「学ぶ」ことに一生懸命だった人たちが国を作り、動かしてたのです。

これが、日清、日露の戦い、満州事変と続く中で、その成功の体験が「学ぶ」という考えがなくなり、根性論で国を動かす指導者に導かれるようになりました。後の説明はいりません。

 

 

言えることは、学ばない経営者の法人に未来はないと言うこと。間違ったと思った時に変わる勇気がなければならないと言うことです。

私自身も、いつも、忘れず持っていたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 貸借対照表から法人の体質、戦略、課題が読み取れるんです。「人件費率が高いよねー」とかじゃないなくて。…
  2. 今週はブログには書けない系の仕事が3本ほどあり、ちょっと時間もタイトでした。 いつもお願いしている…
  3. 「いい、ここの法人さんは、周回遅れなの、だから、まだ攻めに転じられないからね。」 「管理会計を使っ…
  4. 今日、仕事に行った法人さんの会議室に額に入ってかけられていました。 これ、私の聖書です。私の「マイ…
  5. 攻めの検査をするようになり、数字から、もみ合いに入ったのが分かります。「数字を見続けることの大事さを…
  6. 今日、土地の活用で福祉施設を作るためのうち合わせが終わり、駅まで送っていただく時、車の中で、教えてい…

ピックアップ記事

  1. 朝は、何はともあれ、スタバに行ってコーヒーを飲みます。 なぜ? 落ち着くからです。 …
  2. 参考になれば。 報告から 報告者は、法人に対し、出来るだけ早い「法人経営スタイル…
  3. そこに大義がないと、絶対に、出来ない仕事なんです。 そこに大義がなければ、絶対に、絶対に経営者を説…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る