多分、原監督が、一番、力を入れて行ったことは、勝者のマインドだと思います。

昨日、読売ジャイアンツ(巨人軍)がセ・リーグを制しました。

新聞では、大型補強の話題があります。

私は、最大の補強は、原辰徳監督だったと思います。

多分、原監督が、一番、力を入れて行ったことは「勝者のマインド」だと思います。

強いチームには、強いチームの風土(カルチャー)があります。その素は、勝者のマインド、です。

 

ある記事にこういうのを見つけました。

「これから長いシーズンが始まるけれど、おまえさん、将来のために自分が監督だと思って野球を見なさい」。原監督が阿部選手(もう、引退が近いかもって言うベテラン選手です)に言ったそうです。

それで、阿部選手は、監督が、どのように考えて、何を決断するのか、という視点でゲームを見るようになったそうです。この阿部選手は、チームの精神的支柱です。もちろん、ゲームに出ます。だから、現場で戦っている選手で現場に大きな影響力がある選手が、監督(経営者)の視点で考えて、学び、動くようになったのです。

 

 

マインドを作るのは、経営者の仕事です。リーダーシップですね。

だから、経営者は、やっぱり、強力な個性とリーダーシップがありながら、冷静で人を常に見て、組織を動かすことが必要なんですね。

野球からも学ぶことは沢山ありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. NHKの9時のニュースを見ていました。 初めて知りました。中国では、80歳代の致死率 14.8%、…
  2. 来年も全国老施協のエリートコースが開催されるとのことです。 来年のコースは、以下の3企画とのことで…
  3. もう、WJUのコンサルティングは、働き方改革・同一労働同一賃金対応コンサルティングではありません。 …
  4. 今日、管理会計と人事考課を連動させて行うためにテレビ会議をしました。 管理会計のセグメント人事考課…
  5. ヤツの正体が分かるまで。 国の対応が決まるまで。 自分たちの身は自分で守りましょう。 大事なこ…
  6. WHOは、危険性の評価を、世界的「並」から「高」に変えました。 自民党は27日、中…

ピックアップ記事

  1. Q:今後の抱負、法人の事業に生かしたいこと、個人的にもチャレンジしたいことを書いてください。 医療…
  2. Q:経営リーダー養成塾、全コースを通じて、改めて、受講されての感想を教えて下さい。 宿題大変でした…
  3. 来年も全国老施協のエリートコースが開催されるとのことです。 来年のコースは、以下の3企画とのことで…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る