2014年厚労省が政策を反転させてから4〜5年たち、いよいよ、医療機関は、大倒産時代に入ったと理解しています。

2019年4月ー9月の医療機関の倒産は23件です。負債262億円です。

病院4。診療所11。歯科6。

原因分析は以下です。

・稼働低下

・医師不足

・過剰投資

・後継者不在

まあ、だから、「地域から選ばれない。働く人からも選ばれない。借金が返せない。子供が病院を継がない。」です。

なので、経営には、「地域から選ばれて、働く人が集まって、借金が返せる収益があって、子供が帰って来たいと思う病院になる。」ということになります。

当たり前ですが。

 

2014年厚労省が政策を反転させてから4〜5年たち、いよいよ、医療機関は、大倒産時代に入ったと理解しています

こんな状況で、働き方改革・同一労働同一賃金です。

こんな状況で、5Gなど、情報通信革命です。

こんな状況で、職員が集まらない。

そして、こんな状況で地域医療構想です。

さらに、これから、もう一段のダウンサイジングです。

 

国は、経営力のない法人を退場させる考えだと理解しています。

医療法人は、自立した強い経営が求められるんです。

では、どうやって?

12/13に、WJUが現場で培った経験からご説明したいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. NHKの9時のニュースを見ていました。 初めて知りました。中国では、80歳代の致死率 14.8%、…
  2. 来年も全国老施協のエリートコースが開催されるとのことです。 来年のコースは、以下の3企画とのことで…
  3. もう、WJUのコンサルティングは、働き方改革・同一労働同一賃金対応コンサルティングではありません。 …
  4. 今日、管理会計と人事考課を連動させて行うためにテレビ会議をしました。 管理会計のセグメント人事考課…
  5. ヤツの正体が分かるまで。 国の対応が決まるまで。 自分たちの身は自分で守りましょう。 大事なこ…
  6. WHOは、危険性の評価を、世界的「並」から「高」に変えました。 自民党は27日、中…

ピックアップ記事

  1. Q:今後の抱負、法人の事業に生かしたいこと、個人的にもチャレンジしたいことを書いてください。 医療…
  2. Q:経営リーダー養成塾、全コースを通じて、改めて、受講されての感想を教えて下さい。 宿題大変でした…
  3. 来年も全国老施協のエリートコースが開催されるとのことです。 来年のコースは、以下の3企画とのことで…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る