WJUのグループに、12月3日設立で、新しい会社ができます。

WJUのグループに、12月3日設立で、新しい会社ができます。

会社のロゴは、アトラトルです。

コーポレートカラーはブルーです。

 

 

「アトラトル物語」

はるか昔、およそ、700万年前、生物の進化の果てに、人亜族とチンパンジー亜族とに分岐し、アフリカで人類の祖先が誕生したと言われています。そして、人類の祖先は、幾つもの種が枝分かれし、誕生と絶滅を繰り返したのです。その数は20もの種があったとも言われています。

 

時間ながれ、70万年前に、過酷な生存競争の果てに、我々の祖先である人類が誕生します。それが、ホモ・サピエンスです。しかし、ホモ・サピエンスは、アフリカの大地で生きるにはあまりに弱く、あまた滅びていった種の一つと同じ運命をたどるはずであったと思われる生き物でした。

 

ホモ・サピエンスは、サバンナと化したアフリカの環境は過酷を極め、当然のように追い詰められて行きます。その運命は風前のともし火でした。そんな時に、ホモ・サピエンスは、他の滅びていった種とは違い、考える人となり、集団で生きる人となり、血縁を越えて助け合う人になって行くことで、種をつなぐことに成功します。

 

その後、ホモ・サピエンスは、石器を発明し、槍を発明し、火を手に入れます。ホモ・サピエンスは繁栄してゆきます。そして、最後の種を残す戦いが待っています。それは、同じホモ・サピエンスから分かれたネアンデルタール人です。ネアンデルタール人は、その身体能力で、我々の祖先を圧倒します。彼らが狩りをしていたのが大型の動物であったに対し、我々の祖先は、うさぎやネズミなどの小動物でした。

 

しかし、ついには、我々の祖先であるホモ・サピエンスがネアンデルタール人とその立場を逆転させる、人類史上の5本の指に入る大発明をします。それは、今から10万年前~6万年前、我々の祖先が、槍を強力で、かつ、遠くに飛ばすためにどうしたらいいかを考えていた時、木の枝に槍を引っ掛けて投げることで遠くに飛ぶことと飛んだ槍が強さを増すことに気づきます。これがアトラトルと呼ばれている投てき器の発明につながります。そして、考える人たちは、集団で改良を重ねます。さらに、血縁を越えて助け合う人は、集団で、チームを作り役割り分担をし、一度に、大量の獲物を仕留める狩りをするようになります。結果、我々の祖先は、社会を作り、大きく繁栄することになります。

 

おしまい

 

と、言うことで、「アトラトル」という、我々の祖先が、地球で繁栄するきっかけを作った発明にあやかって、これを会社のロゴマークとしました。

また、この人類の物語は、医療・福祉の法人に待っている2020年〜2040年の勝負の20年間(過酷な経営環境の時代です。)にどうしたらいいかを示唆しています。

コーポレートカラーの「ブルー」は、我々に、この機会を授けてくれた沖縄の海をイメージしています。

幸あらんことを。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 私、今年、過労で倒れていません。また、一度も、高熱を出して寝込んでいません。今日も、体は熱っぽい感じ…
  2. 今日は、有床診療所の跡地利用で、現地に行っていろいろと打ち合わせする予定でした。 しかし、別のコン…
  3. WJUのスタッフに送ったメールです。 我々も、クライアントさんのご期待に応えるため、土日関係なく、…
  4. 昨日のこれ、「何言っているわけ?」と思われたかと思います。 ↓ 8,056事業所 と 6,275…
  5. このような環境の中でも20人の皆さんに集まっていただいています。 管理会計です。 デイサービスは…
  6. 全国の介護施設でクラスターが出始めています。 と、言うことで、いよいよ勝負の時が来たようです。 …

ピックアップ記事

  1. WJUのスタッフに送ったメールです。 我々も、クライアントさんのご期待に応えるため、土日関係なく、…
  2. 今日もコロナで難しい時期ではありますが、法人さんのみなさん30人に集まっていただいています。 「こ…
  3. 今日は、朝から、面と向かってキツい話です。 「ここは、絶対に、大丈夫だから。職員の皆さんに伝えて下…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る