今、世の中が変わり始めているのをご存じでしょうか? + 経営の本質は変わることはありません。

今、世の中が変わり始めているのをご存じでしょうか?ベンチャーを起業するのは、若手、学生というイメージですか? では、若手って、何歳のこと? そう、ベンチャー企業を興すのは、もう、年齢が30歳前なんていう時代じゃなくなってきました。

ある記事に、「Tシャツ姿の若手社長と肩を並べ、新規株式公開(IPO)も目指す『現役バリバリ』の70代起業家たちが登場してきた。」と書いてありました。

今、60歳、70歳でベンチャー企業を始める人が沢山いるんです。

そんな人は、孫と同じ世代と一緒に大学に行き、年齢が下の取引先様に頭を下げ、自分の息子世代とチームを組み仕事しているのです。

みんな元気なんです。

 

「人生100年時代」は、多元的社会なんです。60歳から、第二の人生にチャレンジする人もいれば、生活習慣病に苦しむ人もいる社会です。

これからは、年齢で人を判断することができない時代です。

だから、「私は、OO歳になったら引退する。」っていう既成概念は、もう古いんです。

 

私は、経験が何よりも大きな武器になることと、経験が大きなリスクになることを知っているつもりです。大事なことは、その時代に合わせた経営ができるかです。変化は常です。チャンスとピンチは背中あわせです。

経営の本質は変わることはありません。顧客志向で、かつ、世の中に貢献できれば、自ずと、お客様から支持されて売上を得ることができ、時代に合わせて経営すればお金は残り、利益となる。

そのためには、人が何に感動し、何に怒りを覚え、何にやる気になり、何に絶望するのか、そう、人には感情と勘定があって、その人にとってより良い人生を目指して働いていることを理解することだと思います。人は、全員、違う考え方を持っていることを忘れてはいけません。

 

経営は年齢ではなく、これから日本に定着する「多元的社会」は、少子高齢化もあり、さまざまな年齢層が活躍する社会になるはずです。我々の業界もその代表です。

私は、WJUの関連会社の経営に、あるプランを持っています。その会社では、年齢に関係なく働き、国籍に関係なく働き、障がいがあるなしに関係なく働く職場環境です。

目指すのは、「多元的経営環境の創造」です。

できるかどうかは分かりません。挫折するかもしれません。

できるかどうかを考える前に、やってみないとね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. もう、WJUのコンサルティングは、働き方改革・同一労働同一賃金対応コンサルティングではありません。 …
  2. 今日、管理会計と人事考課を連動させて行うためにテレビ会議をしました。 管理会計のセグメント人事考課…
  3. ヤツの正体が分かるまで。 国の対応が決まるまで。 自分たちの身は自分で守りましょう。 大事なこ…
  4. WHOは、危険性の評価を、世界的「並」から「高」に変えました。 自民党は27日、中…
  5. 半年以内に4割が離職だそうです、、、 しかも、介護職の採用1人あたり、50万円平均の手数料だそうで…
  6. 今日は、人事考課の話から「これ、おかしいよね?」ということで、「マネジメントを変えたほうがいい。理事…

ピックアップ記事

  1. 2/5の研修講師で思ったことです。 「2040年までには、私は、500以上ある鹿児島県内の社会福祉…
  2. 今日は、10:00-13:00で、鹿児島県老施協のセミナー講師でした。経営者を中心に130名様ほどの…
  3. 今日の午後は、事務長・本部機能強化です。amと同じように多くの皆さんに来ていただけました。 ありが…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る