どうか、みなさま、ご理解、よろしくお願いします。私、責任取れないので、、、

今、WJUは、全職員に行動制限をしています。

1 東京駅、羽田空港は、極力避ける。

2 自宅勤務可能者は自宅勤務。事務所出社者は混雑時間を避けて通勤する。

3 車で行ける法人さんには通常通りコンサルを実施し、それ以外の法人さんには、事情をご説明し、延期する。

4 お年寄りの事業所は、車でも極力避ける。

5 職員さんを多く集めて行う研修、コンサルは避ける。

6 パブリックセミナーの講師は行う。

 

私は、中国の状況が「おかしい」となる前から、「中国が感染爆発であることが否定できない。」として、全職員に通知して、方針を示し、行動制限を行いました。

そして、春節で70万人の中国からの観光客が来日してしまっていることも考慮して、東京駅、羽田空港、札幌、東京、横浜、大阪、福岡でも仕事の延期を指示しました。

以上が、1/26の話です。私は、1/20から、ずっと、中国の情報を集めていました。その結果、感染爆発が否定できないとなったのです。

 

その後、予想通りの展開になりました。

WJUがお客様に対し、感染させてしまうかもしれないというリスクは避けることができました。

 

さて、2/3になりました。

日本国内の状況がよく分からないというところです。

明らかに、無症状の感染者がいると理解しています。

しかし、感染者が出てきません。

A:本当に感染者がいない。

B:感染者がいるが発症していない。

私、中国の時は、① 感染爆発した。② 70万人が日本に入ってしまった。③ 無症状での感染があるかも。ということで、判断が直ぐにできました。

しかし、どうも、日本では、国も情報扱いを慎重にしていて、、、

 

結論から言えば、① 日本人で、武漢からの帰国者の1%が感染していること。② その中に、無症状感染者がいること。③ 以上の事実から、移動時に感染のリスクがある。の判断することにしました。

国から非常事態宣言から国民に向けてメッセージがない以上、まだ、行動の制限を続けなければなりません。

原則、ハッキリと分かるまでは、お伺いするのを避けたいと考えています。

各お客様には、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解をいただけるようにお願いしようと思います。

私が、万が一感染し、いつも通り日本中飛び回ったらと考えると、我ながら、恐ろしくなります。

怖いのは患者さん利用者さん、に移してしまうことなんです。

 

どうか、みなさま、ご理解、よろしくお願いします。私、責任取れないので、、、

 

今週も、自宅勤務可能者は自宅勤務の指示をしています。

事務所出勤者は混雑の時間帯を避けた通勤です。

今日は、打ち合わせには伺います。そして、夜は、ニューオオタニに行きます。

明日は、鹿児島に行って、鹿児島県老施協の講師をします。

お客様のところには、出入りしないようにしたいので、法人に行き、大人数を集めて行う研修は避けたいと思います。

 

ちなみに、今日も、朝の体温は 35.5です。

平熱です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 何か、あれば、メールしてみて下さい。ホント、いろんな話が来ます。 大事なことは、邪念を棄てて、真っ…
  2. お陰様で、WJUFSは第1期を終わり、納税をする法人として決算することができました。 昨日、納税額…
  3. 記事です。 「旭川赤十字病院長は、 『現状は非常に落ち着いている。これだけ静かでいいものかなと』 …
  4. 記事です。 「政府は、新型コロナウイルス患者用の病床を確保するため、感染症法を改正し、行政が病院な…
  5. こうなるといいですね。期待したいですね。 記事です。 「ワクチン接種が世界最速のペースで進むイス…
  6. 今、提案書を作っています。 内容は、法人のあり様を2040年モデル仕様に変えるコンサルティングです…

ピックアップ記事

  1. WJUのお客様向けに、令和3年の介護報酬改定の研修を行います。 今年は、お客様の事業所に伺って、「…
  2. このブログをお読みの皆さん、ご自分の法人が、令和3年の介護報酬改定で、幾らプラスになるか、幾らマイナ…
  3. このブログをご覧の皆さん、「千葉県 社会福祉法人清和園」で、ネット検索して下さい。 WJUICTネ…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る