「負け癖」ほど怖いものはないのです。多くの場合「無知」のために起こるのです。だから「学ぶ」こと「学ばせる」ことが大事です。教育には「お金」がかかります。しかし、お金を惜しんで教育を怠れば、「未来」を失うのです。

今日の夜、WJUのコンサルタント8人でテレビ会議です。

 

案件の状況の中で「OOの特養が赤字で予算出してきました。」との話が。

コンサルタントの木村から「再検討に戻しました。」と。

木村によると「人件費率80%で、人が足りない、忙しいって言うんですよね。」と苦笑い。

これ、負け癖がついている法人さんの典型です。

そう、だいたい、まともな考え方になっていくのに2年くらいかかるのです。

根気強く、根気強く「それは、違うよ。」「できるよ。」「考えるんだよ。」「自分のことだよ。」と言い続けることです。

 

もう一人のコンサルタントからは「営業しているんですが、結果は、まだ出ていないです。」と。

「じゃあ、結果が出るまでね。」と言うと「そうですね。分かっています。」と。

簡単に成果が出たら、こんなになっていないのです。

根気強く、根気強く「できるまで、続けることだよ。」「なぜ成果が出なのか考えることだよ。」「商品づくりも並行してね。」「自分のことだよ。」と言い続けることです。

 

負け癖ほど、怖いものはないのです。

「努力しても努力しなくても一緒だ。」「どうせ、頑張っても結果は変わらない。」

やる気のない、負け続けのチームをまともにするのには時間と根気と「熱意」が必要です。

1年や2年かかります。

なぜなら、風土(カルチャー)を変えているからです。

大変ですよね、今の自分を変えるわけなんで。

 

法人を赤字にするのも「人」です。黒字にするのも「人」です。

今は、まだ「無知」なんです。

ここから「自覚」が芽生えます。

そして、「変わりたい。」と思ってもらうようになり、

そこに、「意志」が生まれます。

その次は「工夫」です。

それが「実行」になればしめたもの。

最後に「成果」につながってゆきます。

 

もう一度。

負け癖ほど怖いものはありません。

多くの場合、無知のために起こるのです。

だから、「学ぶ」こと、「学ばせる」ことが大事です。

教育には、「お金」がかかります。

しかし、お金を惜しんで「教育」を怠れば、「未来」を失うのです。

だから、「親」は借金してでも「子供」に良い教育を受けさせるのですよね。

 

学ばない法人、変わらない法人は消えゆくのみです。

もう、甘えは、とっくに許されない時代になっています。しかも、コロナだし。

気づいていますよね、厚労省は、「適者生存」に舵を切っていることを。

もちろん、コンサルティング業界もね。

だからは、私も、今よりも変わるように頑張ります。

みなさんと一緒です。

お互い、時代においていかれないように、頑張りましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 今、有名人の方々が自ら命を絶ってしまうことが続いています。とっても残念で、どうにかならないものかと思…
  2. 今日は、朝から、テレビ会議です。 ある事業所の管理者の方の処遇についてが、会議の議題の一つでした。…
  3. 今日は、管理会計セミナーを一緒に行っている木村と、1000人の職員さんがいる、医療法人+社会福祉法人…
  4. 今日は、管理会計です。 多くの皆さんに集まっていただきます。 セグメントは70〜80あります。 …
  5. お陰様で、給食・厨房のコンサルティングの仕事をいただいています。 やはり、「何が正しくて、何が正し…
  6. コンサルティングは厳しい仕事なんですよ。 一昨日も、新しく加わったコンサルタントさ…

ピックアップ記事

  1. 今日は、管理会計セミナーを一緒に行っている木村と、1000人の職員さんがいる、医療法人+社会福祉法人…
  2. 今回のHMSエリートに参加の皆様の印象は、いろいろな話はできるし、意見はあるのですが、どうも「話が『…
  3. 先日のエリートで、若い経営者が「私、3年、大晦日だけ休んで、あとは働いていたんですが、ある職員さんか…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る