「大赤字を出してリストラを余儀なくされた私と彼らの間に、どんな違いがあるのかと調べると、『マーケティング』というキーワードが浮かび上がります。」

普遍的な真実です。勉強になります。

アイリス大山会長の言葉です。大尊敬しています。

 

記事です。

「顧客に必要とされる製品やサービスを継続的に送り出すことが、いかなる時代環境でも利益を出すための第一歩です。」

「売れる製品をたくさん出していれば、粗利は拡大しますし、あるジャンルの製品が売れなくなっても、他のジャンルの製品がカバーします。利益を出し続けるためには、顧客を中心に経営を組み立てる必要があるのです。」

「オイルショックのリバウンドによりプラスチック業界の8割の会社は赤字で、多くの会社が倒産しました。しかし驚くことに、2割の会社は黒字を維持していました。」

「大赤字を出してリストラを余儀なくされた私と彼らの間に、どんな違いがあるのかと調べると、『マーケティング』というキーワードが浮かび上がります。」

「『作ればどんどん売れるぞ』と踏んだ瞬間から、顧客のことは向こうに追いやり、品質のいいものを安く大量に作って問屋や商社に納めさえすれば儲かるという、プロダクトアウト型の経営に転じてしまったのです。」

「『好況時だけ儲かるビジネス』ならプロダクトアウト型でも構いません。しかし、『不況時でも儲かるビジネス』をするには、常に顧客側に立脚しなければならない。」

「プロダクトアウト型、マーケットイン型の経営が間違いというわけではないのですが、環境変化に翻弄されない会社をつくろうとすれば、ユーザーの動きをしっかりとらまえたユーザーイン型の経営ということになります。」

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 人生とは何か? そう、こう言う時に考えますね。 もし、時間が決まっているのであれば残…
  2. もし、介護施設等を「木」で建てようとお考えの皆さんは、今はダメです。 WJUもお客様と木造でと打ち…
  3. 昨日の夜、設計士の先生と打ち合わせしてました。 難しい案件の話や私が将来目指していることの話をしま…
  4. お陰様で、多くの方のご参加をいただけそうです。 なぜ、WJUは、ジョブ型人事制度・…
  5. やはり、コロナによる経済のダメージは相当なものになっているようですね。 完全失業と実質失業を合わせ…
  6. 在留ベトナム人42万人、SNSで拡散する日本の「素顔」と題した新聞記事を見つけました。 今や、中国…

ピックアップ記事

  1. 全力で頑張る話しでもう一つ。 私、全力で戦うことがいかに大事かということを、若手の研修会などで、い…
  2. 今日は、職員数 1000人を超える法人さんの管理職研修です。だから、全員、管理職です。もちろんリモー…
  3. 私は、再建とか、改革とか、改善の仕事をする時に、当然のことながらコストの削減をするのです。 しかし…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

  1. 2021/5/6

    予言です。
ページ上部へ戻る