楽しく学んでいただくのがモットーです。

今日の午後は、内部監査員研修です。私のモットーは、「楽しく学んでいただく」ことです。

今日は21人集まりました。「みんな、思っているでしょう、『えー、内部監査するの?大変じゃん。』って。でもね、これから、なぜ必要なのか説明するから聴いてくださいね。」「まず、今、配った資料を見てください。それが、皆さんの街の将来です。やばくない?、、、、、、、、、ということになるわけです。」「それでね、これから、小規模多機能に新型みたいなものができるかもしれないの。これは、、、、、、、、、、、で、ここの法人で絶対取らなければならないものなんです。」

「分かってほしいのは、みなさんの理事長、常務理事は、みなさんに適切な教育を受けてもらって自分たちで将来のことを考えてほしいと思ったわけです。これって、あんまりないことなんだよね。だって、今の理事長、他の理事は、本当は逃げ切れるわけ、なにもしなくても。でもね、ここ法人の経営者は、そうじゃない、次の世代に残ってもらいたいって考えて、若い世代を育てようとしたんだね、ありがたいことだよね。その想いはしっかり受け止めてほしいですね。」

 

「では、内部監査研修です。しかし、レジメはお渡ししません。レジメ読んでもつまらないでしょう? だから、グループ討議を始めます。では、4人一組になってくださーい。始めにやることは、グループリーダーを決めてくださーい。」「まず、白い紙に、① 固有リスクを書いてください。で、次に②で、それに対応する委員会を書いてください。はい、そして、① – ② = で、③ で残余リスクを書いてください。」

「たとえば、みなさんの障がい者の事業所では、虐待が固有リスクでしょう?、② として、研修や委員会があるわけじゃん。じゃあ、これで問題が起きないかって言えば、なにがしか問題が起きるし、時には大きな事故になるでしょう?委員会があるのに。問題は、③に残余リスクがしっかり把握されないまま放置されているからでしょう?違う?だ、か、ら、残余リスクを認識して内部監査するわけ。」

 

1時間30分の経過。

「はーい。では、本日、終了です。どうですかみなさん、驚くほど、③の残余リスクが多いこと。そして、③の残余リスクに管理策が用意されないまま放置されていることに気づいたでしょう? ねっ。」

ここからはじめて、レジメの抜粋を5枚ほど全員に配り説明しました。

最後に「こうやって学習すると楽しいでしょう? 学ぶって楽しくないですか? これから6〜8回くらい続きます。楽しく学びましょうね。」「今日、残余リスクの中に、利用者が減るリスクや働く人が集まらないリスクがあったでしょう。これも、やりましょうね。どうやったら人が集まるか、そこもしっかりやりましょうね。」

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. お陰様で、給食・厨房のコンサルティングの仕事をいただいています。 やはり、「何が正しくて、何が正し…
  2. コンサルティングは厳しい仕事なんですよ。 一昨日も、新しく加わったコンサルタントさ…
  3. 今日、お話しした内容です。 1 この資料で分かる通り、求められているのは社会的包摂への対応です。 …
  4. 福岡は、爽やかな秋晴れです。 今日は、理事・評議員の皆さんとの勉強会です。 まだまだ、役員の皆さ…
  5. 癌を見つけたら、命をおとさないのであれば、できる手段の全てを行って取り除きます。 もちろん、法人の…
  6. 今日、急遽、法人に伺って打ち合わせしました。なんで、14日にPCR検査を受けて陰性の証明を事前にお送…

ピックアップ記事

  1. 今回のHMSエリートに参加の皆様の印象は、いろいろな話はできるし、意見はあるのですが、どうも「話が『…
  2. 先日のエリートで、若い経営者が「私、3年、大晦日だけ休んで、あとは働いていたんですが、ある職員さんか…
  3. 今日、お話しした内容です。 1 この資料で分かる通り、求められているのは社会的包摂への対応です。 …
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る