令和は、一律の労働条件が終わり、「労働の対価」で給与を払うのではなく「成果の対価」で給与を払う時代に変わると考えています。← 予言です。

あなたも5/24のパワハラ防止対策セミナーをお聴きになりませんか?

私は、本質と具体的な対応をお伝えするつもりです。

また、労働の対価』で給与を払うのではなく『成果の対価』で給与を払う時代に変わる」ことの意味をお伝えしたいと思っています。

働き方のパラダイムシフトが待っています。← 予言です。

 

 

はじめに

働き方改革関連法が2019年4月から施行され、2020年4月から同一労働同一賃金の制度化された。この制度改革が法人経営に及ぼす影響は大きく、サービス残業の常態化を根本から見直す必要がある法人もあれば、現状の賃金・人事制度のままでは、1年後の2020年4月から年間1億円以上の人件費増が見込まれる法人もあります。

この制度改革のきっかけは、大手広告代理店勤務の女性(当時24歳)の過労による自殺からだと言われています。日本人は元々働き者の国民だと言われています。しかし「よく働く」とは、限度なく働くということではなく、また、上司がその地位の優位性をもって本人の意思や健康状態に関わらず、勤務を強制することを指すものではないのです。日本では戦後から長時間労働が常態化し、2013年には国連から多くの労働者が長時間労働に従事していること、過労死・ハラスメントによる自殺が多く発生していることが問題提起されました。この事件で分かるとおり、パワハラと働き方は関連しています。働き方改革を浸透させて行こうと考えれば、パワハラ防止法は、必然でもあるのです。

そして、今年(2020年6月)から、パワハラ防止法が施行されます。法律では、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える、または職場環境を悪化させる行為、と定義しています。厚生労働省は「職場のパワーハラスメント」を6つに分類し、典型例を示しました。しかし、一見すると分かり易く感じるパワハラも、日常の業務に照らして考えると、業務指示とパワハラの境目が難しいなどをはじめ、なんでも「今のはパワハラですよね?」と言われ、管理職が萎縮してしまうのではないのか、就業規則にはそう書けばいいのか、ご利用者やご家族からのハラスメントにはどのように対応すればいいのか、各階層には、どのように訓練し周知すればいいのか、パワハラで法人が訴えられたら保険はあるのか、悩みはつきません。

このセミナーでは、パワハラの一般論をお伝えするのではなく、パワハラの本質を理解することで、経営や明日からの仕事でどのように考えればいいのか。また、具体的な仕事では、何をどうしたらより良い職場環境を作り、働く人が安心して業務できるのかをできる限りお伝えすることをセミナーの主旨としています。

また、私は、令和は、新しい価値観の時代が始まったのだと言うことをお伝えしたいと思います。令和の間に、私は、法人は全ての働く人と個人ごとに、それぞれの業務と給与と労働条件が違う労働契約を結ぶようになると考えています。なので、令和は、一律の労働条件が終わり、「労働の対価」で給与を払うのではなく「成果の対価」で給与を払う時代に変わると考えています。そして、このパラダイムシフトに対応できる法人が生き残り2040年を迎えることができると考えています。

本日のセミナーが皆様にとって実り多いものになることを祈っています。よろしくお願いします。

本間秀司

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 夕方から、リモートで打ち合わせです。 こちらの法人さんは現場に優秀な管理者がいます。本部さんは、残…
  2. 今日は、抜けるような青空です。 こんな、疑いようのない晴れなのはいつ以来かなと。 …
  3. 今日から、一つの法人の経営のあり方を変えて、2040年に勝ち残る仕事が始まります。 この半年で準備…
  4. すみません、自慢話をさせていただいてもいいでしょうか? 先週、報告書を作成して納品しました。 こ…
  5. 今日は、テレビ会議で、WJUFSで補助金の挑戦をするため、その打ち合わせです。 ハードルも倍率も高…
  6. 先日、HMSの田中代表と話をしていました。 「この冬から、少しずつ、セミナー会社さんもトンネルの先…

ピックアップ記事

  1. 今日の講師の松岡さんから、メールをいただきました。この文書を読んで、「よし、障がいをやろう!」と思っ…
  2. 昨日、理事会のあと、経営者の方と法人幹部の方と食事をさせていただきました。 お引き受けした時は厳し…
  3. HMSさんのVisioと戦略 10月号に、活躍する事務長・経営幹部リレー 7号 があり、HMSエリー…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る