4月24日、聴きにきてください。

これからは、人事制度・人事考課制度に対する認識を変える必要がある

  • 医療法人、社会福祉法人、株式会社、全ての医療と福祉に関わる法人は、永続的に法人を存続したいと考えている。
  • 法人は、2040年に生き残っていることが条件。その地域でポジションを持っていることが求められている。

2040年に生き残る法人になるために、「人事制度・人事考課制度」構築にあたり、法人経営者、本部、事務長は、これから以下の5つを理解して、整備・運用しなければならない。

  • 強い法人づくりのため、優秀な人材を集めなければならない。
  • 法人の大規模化に伴い増えていく人件費をマネジメントしなければならない。
  • 競合との戦いに勝つため、勝者のメンタリティーをを持たなければならない。
  • 多事業、多事業所、多職種、多職層、多人種で経営できる力量が求められる。
  • やる気を引き出す人事制度・人事考課制度でなければならない。

背景

  • 地域医療構想、第8期介護保険事業計画から分かる様に、競争の激化、経営の困難さから、法人の経営力は従来の経営力レベルを大きく超えて求められる。
  • 医療も福祉も、今後、供給量が需要を上回った地域から、順次、事業認可の更新を行わない。そのため、経営力の無い法人は、廃業、吸収、合併されてゆく。
  • 国の政策は、医療法人、社会福祉法人の集約。法人経営の効率化に対し、法人の大規模化が欠かせないと考えている。
  • 職能等級制度のままでは、職員数が増えてゆくこれからの法人経営には向かない。例えば、1000人、2000人、3000人と職員が増えて行く法人の場合、ほっておけば、総人件費は増えるばかりで経営は成り立たない。
  • 戦うのは現場。優秀な管理職の取り合い、優秀な職員の取り合いが始まる。人の確保の難しさは、今後も変わらない。
  • ますます難しくなって行く経営。経営層、本部職員、経営企画職員、管理職層を、確実に育成しなければまらない。
  • 従前の年功序列・終身雇用の人事制度は通用しない。若くて優秀でやる気のある人が活躍できる環境を整えなければならない。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 人生とは何か? そう、こう言う時に考えますね。 もし、時間が決まっているのであれば残…
  2. もし、介護施設等を「木」で建てようとお考えの皆さんは、今はダメです。 WJUもお客様と木造でと打ち…
  3. 昨日の夜、設計士の先生と打ち合わせしてました。 難しい案件の話や私が将来目指していることの話をしま…
  4. お陰様で、多くの方のご参加をいただけそうです。 なぜ、WJUは、ジョブ型人事制度・…
  5. やはり、コロナによる経済のダメージは相当なものになっているようですね。 完全失業と実質失業を合わせ…
  6. 在留ベトナム人42万人、SNSで拡散する日本の「素顔」と題した新聞記事を見つけました。 今や、中国…

ピックアップ記事

  1. 全力で頑張る話しでもう一つ。 私、全力で戦うことがいかに大事かということを、若手の研修会などで、い…
  2. 今日は、職員数 1000人を超える法人さんの管理職研修です。だから、全員、管理職です。もちろんリモー…
  3. 私は、再建とか、改革とか、改善の仕事をする時に、当然のことながらコストの削減をするのです。 しかし…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

  1. 2021/5/6

    予言です。
ページ上部へ戻る