業績を変えるにはマネジメントも大事ですが、それ以上に、人に対する正しいアプローチが大事です。

私は、再建とか、改革とか、改善の仕事をする時に、当然のことながらコストの削減をするのです。

しかしながら、それだけで法人が蘇ることはありません。

職員は、法人とかサービスとか理念とかと「自分自身」を重ね合わせることを望み、時には「誇り」を感じ、時には「絶望」するものだと考えています。

また、業績が悪いことを自分自身のこととして考えてくれるのです。また、サービスに問題があることを自分自身のこととして心を痛めるのです。

職員は、お金だけが欲しいのではないのです。俗に言う、「働きがいのある法人」でいて欲しいのです。

そういう法人になるためにどうするかを「語り」「伝える」ことが大事です。

 

私は、「私がなぜここにいるか皆さんに説明しますね。」と言って始めます。

その時に、「このままでは法人がもたない。だから、協力して欲しい。」と言います。

次に、「地域に貢献する、働いてて誇りに思える法人になること目指すべき。」とも言います。

お金を儲ける=地域に貢献して誇りが持てる、となりえます。

経営者の方には、「頑張って成果が出たら、彼らに報いて差し上げて欲しい。」と必ずお話ししています。

 

再建とか、改革とか、改善の仕事の時、はじめにやめる人はいます。

しかし、頑張って、いい感じに回り出してからやめる人は少ないです。

だから、そんなこと言ってやめたらどうするのか?と言われると「正しいことを真っ直ぐ言っていればやめる人はいない。」とお話しします。

どうですか? どこでも勤めらられる今の時代に、今までより厳しいこと言ったら、みんなやめちゃうと思いませんか?

実際には、そうは辞めません。

もし、その法人が「誇り」とか失わず、「働きやすさ」を提供しようと努力してくれるなら。

そして、一度、業績が好転してくると、俄然、目の色が変わります。

そう、「自信」と「誇り」を取り戻すから。

「俺ら、イケてんじゃねえ!?」となって来るのです。

 

業績を変えるにはマネジメントも大事ですが、それ以上に、人に対する正しいアプローチが大事です。

もう一度、「良いサービスと高い収益が並び立ちます。」。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. こうなると、いいですね。期待しています。 「既存薬はこのうち最後の段階である『認知機能の低下』が始…
  2. 来月から、部門別、ドクター別、の管理会計+人事考課を始めます。 だから、本当に貢献しているのかを評…
  3. 今日の午後は、2000人の職員さんの法人さんです。 内容は、以下です。 1 財務・会計の業務改善…
  4. 今、病院をまるっと買って、複合の介護施設にする案件をいただいています。 病院経営はどんどん難しくな…
  5. 今日、小規模多機能のコンサルティングで、そのチームが入っていました。 いろいろと出るわ出るわで、「…
  6. 今日は、午後、テレビ会議です。 立て直し案件ですね。 良い法人に生まれ変わっていただこうと思いま…

ピックアップ記事

  1. 今日、HMS田中代表とお話をしてて、新しい企画の話をしました。 「これが当たるのであれば、これもあ…
  2. 今日のWEBセミナーに150人の参加とのことでした。 2040年多元的社会を細かくご説明しました。…
  3. 桜美林大学の野球チームが、9シーズンぶりに優勝したという記事を読んでました。 監督が力を入れたのが…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る