そのためには、一に教育、二に教育、三四がなくて、五に教育です。

今、これから始まる経営改革の案件の報告書を作っています。

経営者以下、バラバラで、共通の価値観がないにです。

そうなると、何が起こるかと言うと、自分のことだけで動く。

だから、自分の立場を守るために、部分最適で動く。

で、同じ法人なのに、部署が違うと認めず足を引っ張り合う。

 

結果、赤字でも、「それは経営者の責任だから、私には関係ない。」という信じられない理屈になる。

それを見ている若手は、「早く辞めなくちゃ」と、仕事を探しながら仕事する。

品質は低く、提案もなく、荒れた人間関係で、どんどん人が抜けてゆく。

 

では、どうするか?

問題の根を理解して、当たり前を変える。

風土(カルチャー)を変え、レジリエンスを醸成する組織とマネジメメントルールに変えてゆきます。

そのためには、一に教育、二に教育、三四がなくて、五に教育です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 夕方から、リモートで打ち合わせです。 こちらの法人さんは現場に優秀な管理者がいます。本部さんは、残…
  2. 今日は、抜けるような青空です。 こんな、疑いようのない晴れなのはいつ以来かなと。 …
  3. 今日から、一つの法人の経営のあり方を変えて、2040年に勝ち残る仕事が始まります。 この半年で準備…
  4. すみません、自慢話をさせていただいてもいいでしょうか? 先週、報告書を作成して納品しました。 こ…
  5. 今日は、テレビ会議で、WJUFSで補助金の挑戦をするため、その打ち合わせです。 ハードルも倍率も高…
  6. 先日、HMSの田中代表と話をしていました。 「この冬から、少しずつ、セミナー会社さんもトンネルの先…

ピックアップ記事

  1. 今日の講師の松岡さんから、メールをいただきました。この文書を読んで、「よし、障がいをやろう!」と思っ…
  2. 昨日、理事会のあと、経営者の方と法人幹部の方と食事をさせていただきました。 お引き受けした時は厳し…
  3. HMSさんのVisioと戦略 10月号に、活躍する事務長・経営幹部リレー 7号 があり、HMSエリー…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る