そのためには、一喜一憂せず、泰然自若と受け止める性根を作ってゆきたいものです。

もう、12月末までの予定がほぼ埋まって、気持ちは、2022年です。

2020年、2021年の2年間は、まさかの2年間だった感じでしょうか。

しかし、東北の人たちには、2011年があり、10年目にコロナがあり。その前の2008年には、リーマンがあり。

これからも、大きな出来事が、次々と起こることでしょうね。

だから、「予想もしない出来事が起こることが当たり前」と考えて2022年を考えたいですね。

逆に言えば、ある状態がずっと続くなんてことはない。

「変化は常」と、いつも考えていなければなりません。

そのためには、一喜一憂せず、泰然自若と受け止める性根を作ってゆきたいものです。

 

私が大好きな「坂の上の雲」の秋山真之の言葉です。(日露戦争で日本海海戦で活躍された海軍参謀です。日本の恩人の一人だと私は思います。)

「明晰な目的樹立、狂いのない実施方法、そこまでは頭脳が考える。しかし、それを水火の中で実施するのは、頭脳ではない。性格である。平素、そういう性格をつくらねばならない。」

「人間の頭に上下などない。要点をつかむという能力と、不要不急のものは切り捨てるという大胆さだけが問題だ。」

「海軍とはこう、艦隊とはこう、作戦とはこう、という固定概念がついている。恐ろしいのは固定概念そのものではなく、固定概念がついていることも知らず平気で司令室や艦長室のやわらかいイスに座り込んでいることだ。」

「あらゆる戦術書を読み、万巻の戦史を読めば、諸原理、諸原則はおのずから引き出されてくる。みなが個々に自分の戦術をうちたてよ。戦術は借りものではいざという時に応用がきかない。」

「流血のもっとも少ない作戦こそ、最良の作戦である。」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 保育のコンサルタント山下です。 良かったら、声をかけて下さい。 接遇もやってます。…
  2. この話もします。 エンゲージメント経営 愛着心 愛社精神 職員一人…
  3. 人生は悩むように出来ている。 悩む時に一番いけないのは、原因を他人に向けたり、自分に向けたりしてし…
  4. 今年(2021年)は、大きな意味を持つ1年になりました。 どんな意味で2021年が大きかったかです…
  5. 今日は、細田さん谷田川さんと3人でした。「ねえ、何食べる?」という前に「谷田川さんお寿司ですよね?」…
  6. 今日は、職員3000人を雇用する経営者の方と話しをしました。 私が作っている書類に目を通していた時…

ピックアップ記事

  1. 今、徹底して、特養、GH、小規模の入院を減らす商品を開発中です。 入院が半分になったら、何百万円も…
  2. 昨年の秋以降、建設コストの上がり方が「異常」と思うほどです。 ある案件の開発をあきらめざるを得ない…
  3. 今日は、1日、全国老施協の経営リーダー養成塾です。 オミクロンの感染拡大になってみると、完全リモー…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る