この4〜5年で、今ある価値観は大きく変わります。経営にも「新しい世代」が必要です。

精神の病院さん、重心の施設さんは、山から下りなければなりません。理由は、当然のことながら、国の政策転換で、地域、一人暮らし、就労になってきているからです。

他にとっても大事なことがあるのです。

一つ目は、もうそろそろ、「死亡退所の平均年齢」と「入所者の平均年齢」が接近しているためです。正直なところ、精神、重心、重度障がいの事業者さんの多くは、山の上の施設で、息を潜めて静かに仕事していれば、経営は保証されていました。しかし、ある時期から、一気に入所者が減る時期が来ます。そして、その時期が、あと5年から10年になっているのです。

二つ目は、働く人が集まらない点です。精神、重心、重度障がいの事業者は、外国人実習生の受け入れは難しいです。

三つ目は、今だに、電子カルテをはじめ、ICT、IoTに消極的で、地域連携しようにも、何もツールがないのが普通の価値観です。

四つ目は、毎年1%平均で収益が悪化していて、多くの法人さんが水面(収支ゼロ)に足がつくような状況になっているのです。

この4〜5年で、新しい時代仕様に法人を変える、新しい価値観や新しい世代の出現が求められているのです。

 

ただ、これは、精神、重心、重度障がいの事業者さんだけの話ではありません。多くの医療法人、社会福祉法人、株式会社も同じです。

この4〜5年で法人を変える。時代にキャッチアップしないと、身売りという事態にもなりかねません。

 

おとといの経営者の方ではないですが、「経営するのが怖くなって来ました。」

この危機感が、最も正しい認識です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 貸借対照表から法人の体質、戦略、課題が読み取れるんです。「人件費率が高いよねー」とかじゃないなくて。…
  2. 今週はブログには書けない系の仕事が3本ほどあり、ちょっと時間もタイトでした。 いつもお願いしている…
  3. 「いい、ここの法人さんは、周回遅れなの、だから、まだ攻めに転じられないからね。」 「管理会計を使っ…
  4. 今日、仕事に行った法人さんの会議室に額に入ってかけられていました。 これ、私の聖書です。私の「マイ…
  5. 攻めの検査をするようになり、数字から、もみ合いに入ったのが分かります。「数字を見続けることの大事さを…
  6. 今日、土地の活用で福祉施設を作るためのうち合わせが終わり、駅まで送っていただく時、車の中で、教えてい…

ピックアップ記事

  1. 朝は、何はともあれ、スタバに行ってコーヒーを飲みます。 なぜ? 落ち着くからです。 …
  2. 参考になれば。 報告から 報告者は、法人に対し、出来るだけ早い「法人経営スタイル…
  3. そこに大義がないと、絶対に、出来ない仕事なんです。 そこに大義がなければ、絶対に、絶対に経営者を説…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る