創業者フィル・ナイトさんの「ナイキを支えた日本人」良かったです。

29日のBS「ナイキを支えた日本人」を観ました。元気になりました。サクセスストーリーに元気になったのではありません。何よりも、自分たちの事業に対して、「誇り」と「自信」が常にありましたね。大事ですね。まさにマインド(素)ですね。そして、その人を信じ続けた人たちがいて、それが日本人だった、いうことに元気になりました。「日本のビジネスマン、やるじゃないか!」的な。

 

見ず知らずのアメリカ人が一人で現れ、「おたくのシューズをアメリカで売りたい。」と言われ、「わかった、頑張りなさい。」と言った、鬼塚(現アシックス)。アメリカの中小企業に「ここはきっと成長する。」と考えて投資した、若き商社マン(日商岩井)。

 

拡大するなかで、窮地に陥ったナイキを日商岩井の会計担当伊藤氏ことアイスマン(フィル・ナイトさんが名付けた)が、銀行に乗り込んで、「うちに全額肩代わりする!」と言って小切手を叩きつけてナイキを救いました。しかし、アイスマンは、日商岩井本社から解雇を宣告される。しかたなく日本へ帰国するために荷造りをしていると、事務所から呼び出され、本社の会計担当役員から電話で「なんてことをするんだ!!」と怒鳴られます。しかし、そのあと、小さな声で「よくやった!」と言われたという話がありました。事実は小説よりも奇なりですね。職業人としての心意気ですね。当然、その役員の尽力で、アイスマンこと伊藤さんは日商岩井に残ることになりました。

 

番組の中で、創業時のメンバーの一人が、「ナイトは本当に忠義に厚い人で、日商岩井のスメラギさんがナイトを信じてくれたことがわれわれに希望を与えた。ナイキが巨大企業になったことは別に特別なことではないよ。特別だったのは、成長期にすべてを学び、あらゆるリスクを取って、そして、楽しかったことだ」と。

 

番組の最後で、日本の若きビジネスマンにメッセージを、という問いに“The only time you must not fail, is the last time you try.”(最後まで挑戦し続けろ【決して失敗してはいけないのは、最後に挑むときだけだ】)、「挑み続けなさい。」です。

フィル・ナイトさんは「最も語りたかったのは、初期の物語です。株式公開した後のことは、皆が知っています。本当に知ってほしかったのは、ジョンソンやウッデル、それにスメラギやイトーがどんな人だったかということです。彼らのことこそ、知られるべきなんです」

再放送は、5月5日AM7:00からです。日本のビジネスマンの心意気を観てください。

 

80歳になるフィル・ナイトさんが、日本人の話をしながら涙ぐむ映像に、日本人として誇らしく思いますね。こんな素敵な出会いを仕事でしてみたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. まあ、だから、人さまにお見せするようなもんでもないのやけれどね。← なぜか、関西弁になってしまいます…
  2. HMSエリートの受講生の第5期生で、今回の第7期生になった、山崎理事長さんは、高校教師から、全く、縁…
  3. 昨日の夜、今回のHMSエリートの世話人さんと跡取りさんと、山下さんと3時間、楽しくお話ししました。 …
  4. 2018/10/17

    2代目の本音
    今日、HMSエリートの卒業生の2代目さんから、参加の皆さんへと「2代目の本音」をいただきました。その…
  5. 今、こんな報告書を書いてます。ホント、難しいところですね。優秀な経営者さんは、これが直感的に理解でき…
  6. この19日から、エリート7期が始まります。7期から内容を大きく変えることになりました。 冒頭のペー…

ピックアップ記事

  1. 昨日の夜、今回のHMSエリートの世話人さんと跡取りさんと、山下さんと3時間、楽しくお話ししました。 …
  2. 昨日、今日の2日間で、この演習が一番盛り上がりました。 演習10 社会医療法人、…
  3. 今日のHMSエリートは、経営者、風土(カルチャー)、経営企画室の心得、目的・目標・戦略・戦術です。 …
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

  1. 2018/10/17

    2代目の本音
ページ上部へ戻る