で、やっぱり、活躍するのは、「小規模多機能、看護小規模であればさらに良し。」ということでした。

今日の午前中は、個人的にお付き合いがある、霞ヶ関の方とお話&打ち合わせです。内容は、地域密着循環モデル(自治体+事業者+値域)です。

要するに、「2040年:多元的社会における地域社会のあり方と地域コミュニティーづくり」です。

この方のお話では、1800ある自治体で、地域包括ケアシステムで行政が積極的なのは、「全体の10%程度かな〜。」ということで、もっと、各地域がそれぞれ独自の色を出して、頑張って欲しいのだけど、、と言ってました。

 

これからは、行政は、プラットフォームを作ることにし、地域包括支援センターを中心に事業者(特に社会福祉法人)と住民主体で地域コミュニティーが構築されることを厚労省としては進めたいわけですね。

もちろん、地域包括ケアシステムにおける地域コミュニティーづくりの出口は「地域共生社会の実現」になるわけです。

 

そのためには、事業者が自治体を使うくらいの、力と知識が必要で、なかなかハードルが高いわけで、人材育成は欠かせませんね。

で、やっぱり、活躍するのは、「小規模多機能、看護小規模であればさらに良し。」ということでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 貸借対照表から法人の体質、戦略、課題が読み取れるんです。「人件費率が高いよねー」とかじゃないなくて。…
  2. 今週はブログには書けない系の仕事が3本ほどあり、ちょっと時間もタイトでした。 いつもお願いしている…
  3. 「いい、ここの法人さんは、周回遅れなの、だから、まだ攻めに転じられないからね。」 「管理会計を使っ…
  4. 今日、仕事に行った法人さんの会議室に額に入ってかけられていました。 これ、私の聖書です。私の「マイ…
  5. 攻めの検査をするようになり、数字から、もみ合いに入ったのが分かります。「数字を見続けることの大事さを…
  6. 今日、土地の活用で福祉施設を作るためのうち合わせが終わり、駅まで送っていただく時、車の中で、教えてい…

ピックアップ記事

  1. 朝は、何はともあれ、スタバに行ってコーヒーを飲みます。 なぜ? 落ち着くからです。 …
  2. 参考になれば。 報告から 報告者は、法人に対し、出来るだけ早い「法人経営スタイル…
  3. そこに大義がないと、絶対に、出来ない仕事なんです。 そこに大義がなければ、絶対に、絶対に経営者を説…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る