私、今年で60なんですが、、+ 老化と加齢 +女性の園と男子が少々 

私、はや60歳なんです。もちろん本人としては、やたら元気にしてまして。

話はここなんですが、最近、目が悪くなりまして。先生に「原因は何ですか?」と尋ねたところ「加齢です。」とのこと。

その話を、かばん持ちになった跡取りさんたちにしたところ「ああ、老化ですね。」とハッキリと。

 

だから、老化じゃねえしっ、「加齢」だし。← どこが違うかは、大事なところでして(笑)。

じゃあ、少し、ご説明を。老化とは、老人化していくということで、老いていくということになります。

でね、加齢とは、年齢を加えて行くということで、年輪が増えるということです(笑)。

これって理屈?

いえいえ、日本語は、漢字の文化でして、アルファベットは表音文字で、漢字は表意文字。日本語には、一つ一つに意味があるのです。

 

結論:大事なことは、物の見方と考え方なんで(笑笑)。

まあ、だから、寿命? いやいや、時間切れ、でしょう?(笑笑)物の見方と考え方なんで(笑笑)。

ちょっと、辛くなってきたんで、ここら辺で手仕舞いです。

 

何で、こんなブログになっているかというと、今日、午後、保育士さんたちに研修会をするのです。

給与が低い。忙しい。相談する相手がいない。孤立感が強い。結果、離職が多い。

私のように、老化しても、ポジティブシンキングで加齢に変えてしまう人間は、自分で出口を探せるものです。

しかし、1億2000万人もいるとそうもいかないわけでして。

今日は、女性の園と男子が少々の構成だと思います。

 

 

何を、どう、伝えましょうかね。

伝えなければいけないことは決まっています。

でもね、若者の、みんなの顔を見てから決めましょうかね。

最近、1976年にNHKで放映されていた、山田太一脚本の「男たちの旅路」を3本観ました。

出演:鶴田浩二、森田健作、水谷豊、桃井かおり ← 水谷豊は、今の菅田将暉的な、、?

鶴田浩二、良かってです! ← 今の子は、しらないだろうなあ〜。あと、山田太一さん。「ふぞろいの林檎たち」とか。

「男たちの旅路、いかったな〜。」← 昨日、北海道だったんで、北海道弁でまとめました。← こう書いておかないとNさんが修正してくれてしまいますんで。

 

まあ、そんなに昔のことを懐かしむことじたいが、トシ食ったかね。

上手に加齢したいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 今日の晩に行ったお蕎麦屋さんは、アントニオ猪木さんの行きつけのお店だそうです。 これが飾ってありま…
  2. 今日の午後は病院です。 私が「今どき、なかなかお目にかかりませんね。」と。「そうでしょう。」と。少…
  3. 明治の低迷(22年学生日本一なし)は、伝統という、昔ながらの運動部気質という風土(カルチャー)が原因…
  4. 昨日、受講生に、「この仕事をしているとね、大きくなっていくだろうな、とか、良い法人に成長していくだろ…
  5. 隣の国の関係も、お笑い帝国の闇営業の問題も、ホルムズ海峡周辺の国と世界一の国力がある国との問題も、世…
  6. ちなみに、今回、お二人がカバン持ちになっていますが、別に、このお二人の法人がWJUと契約しているわけ…

ピックアップ記事

  1. 本間先生 昨日は研修にお誘いいただき、また夜の食事会でもご馳走になり、大変ありがとうございました。…
  2. 今日の番頭塾のプレゼンの一人が作ってくれたパワポから。 これを読んで元気になっていただければ幸いで…
  3. このブログをお読みの皆さんに、3人のプレゼンをお見せできないのが残念なくらいです。 参加者に、「よ…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る