人生も法人経営も、平坦な道を歩くことなど無く、常時、上り坂か下り坂、そして、まさかの3つ。

対中国の国際線の就航は、50%減になったという新聞報道を読みました。USは8割減とか。逆に言えば、この状況で半分くらい飛んでいるということです。ただし、これからは、さらに減るとの観測です。

今回のことで、多くの企業や法人が倒産したり、多くの人が職を失うことでしょう。大変な不景気が来るかもしれませんね。そして、収束が遅れれば、東京オリンピックに大きな影響を与えるかもしれませんね。

 

人生も法人経営も、平坦な道を歩くことなど無く、常時、上り坂か下り坂、そして、まさかの3つ。ただ、まさかも上がりと下りがあるので、計4つの坂がクネクネとしているわけで。

だから、何事にも、一喜一憂せず、何かあっても「裏切られた」と考えず、「人生、万事塞翁が馬」と考えて、まっすぐ前をのみ見つめて歩く。人間は、どうしても今いいと「ずっと続く」と思いがちなんで「努力を怠ればすぐに下り坂。人生も法人経営も下りのエスカレーターを上へ上へと登っていくようなもので、足を常にあげていないといけない。」と言い聞かせていなければなりません。

そして、良いことも悪いことも同じ量だけ起こるので、良いことには感謝して悪いことは克服し良いことのタネにする。悪いことを世の中のせいにすると、天にツバするようなもので、必ず、我が身に返ってくる。

必死に探せば、どこかに出口はあるものです。そして、その出口を出た時、また、少し、力がついているかもしれません。経験に勝る学習はありません。

 

病(やまい)は気から。何か落ち込んだら、友人や仲間に、なんと無くメールや連絡して声をかけてみることです。箸が転がったくらいの話で笑いにしてくれます。

まず元気になって、頭の中から負のデキモノを消して、勉強を始めましょう。そうすると正のデキモノで脳が満たされていきます。

そして元気になったら、「絶対に負けない。」と何回も何回も心の中で、自分に言い聞かせましょう。

そして、何事もなかったかのような顔をして日常と向き合いましょう。

人生も法人経営も、平坦な道を歩くことなど無く、常時、上り坂か下り坂、そして、まさかの3つ。

人生も法人経営もそんなもんです。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 貸借対照表から法人の体質、戦略、課題が読み取れるんです。「人件費率が高いよねー」とかじゃないなくて。…
  2. 今週はブログには書けない系の仕事が3本ほどあり、ちょっと時間もタイトでした。 いつもお願いしている…
  3. 「いい、ここの法人さんは、周回遅れなの、だから、まだ攻めに転じられないからね。」 「管理会計を使っ…
  4. 今日、仕事に行った法人さんの会議室に額に入ってかけられていました。 これ、私の聖書です。私の「マイ…
  5. 攻めの検査をするようになり、数字から、もみ合いに入ったのが分かります。「数字を見続けることの大事さを…
  6. 今日、土地の活用で福祉施設を作るためのうち合わせが終わり、駅まで送っていただく時、車の中で、教えてい…

ピックアップ記事

  1. 朝は、何はともあれ、スタバに行ってコーヒーを飲みます。 なぜ? 落ち着くからです。 …
  2. 参考になれば。 報告から 報告者は、法人に対し、出来るだけ早い「法人経営スタイル…
  3. そこに大義がないと、絶対に、出来ない仕事なんです。 そこに大義がなければ、絶対に、絶対に経営者を説…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る