私が、このブログで何度も書いている通り、働いた時間で評価するのではなく、成果で評価する時代に突入することを示しています。

コロナ後の話です。

私が、このブログで何度も書いている通り、働いた時間で評価するのではなく、成果で評価する時代に突入することを示しています。

大企業が、労働に対する価値観を変えて行きます。その次は、ついてこれる中小企業です。そして、日本の価値観になっていきます。

 

記事によると、「日立製作所は、5月26日、新型コロナウイルスの終息後も在宅勤務を続け、週2~3日の出社でも効率的に働けるよう人事制度を見直す。」だそうです。

対象は、国内で働く社員の約7割にあたる約2万3千人です。すごい数ですね。

記事は、「働きぶりが見えにくい在宅でも生産性が落ちないよう職務を明確にする『ジョブ型』雇用を本格的に導入し、勤務時間ではなく成果で評価する制度に移行。」と。

 

さらに、「平日のうち2~3日を在宅で働きながら生産性を高めるためには業務の透明化が必要だと判断。『その日に何時間働いたか』ではなく『何の成果をあげたか』を基本的な尺度にしたい考えだ。コロナ後の『ニューノーマル(新常態)』を見据えて多様な働き方を認める動きが広がりそうだ。」と。

「具体的には、職務定義書(ジョブディスクリプション)で社員の職務を明示し、その達成度合いなどをみる『ジョブ型』雇用を本格導入する。同社では管理職を中心に段階的に採り入れてきた。今後、各職場での検討や労働組合と協議し、来年4月からの導入を目指す考えだ。」

 

人事考課がちゃんと出来ないと、もう、時代に取り残されて行くかもしれません。

2040年の切符の一つは、労働の対価としての給与から成果の対価としての給与に変われるかがあると思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 貸借対照表から法人の体質、戦略、課題が読み取れるんです。「人件費率が高いよねー」とかじゃないなくて。…
  2. 今週はブログには書けない系の仕事が3本ほどあり、ちょっと時間もタイトでした。 いつもお願いしている…
  3. 「いい、ここの法人さんは、周回遅れなの、だから、まだ攻めに転じられないからね。」 「管理会計を使っ…
  4. 今日、仕事に行った法人さんの会議室に額に入ってかけられていました。 これ、私の聖書です。私の「マイ…
  5. 攻めの検査をするようになり、数字から、もみ合いに入ったのが分かります。「数字を見続けることの大事さを…
  6. 今日、土地の活用で福祉施設を作るためのうち合わせが終わり、駅まで送っていただく時、車の中で、教えてい…

ピックアップ記事

  1. 朝は、何はともあれ、スタバに行ってコーヒーを飲みます。 なぜ? 落ち着くからです。 …
  2. 参考になれば。 報告から 報告者は、法人に対し、出来るだけ早い「法人経営スタイル…
  3. そこに大義がないと、絶対に、出来ない仕事なんです。 そこに大義がなければ、絶対に、絶対に経営者を説…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る