これからは、サステナビリティに、「フレキシビリティ」と「レジリエンス」を加えて、「ゴーイングコンサーン」を話さなければなりません。

6月のHMSエリートから、コンセプトが少し変わります。

今までのコンセプトは、持続可能性を意味する、「サステナビリティ」でした。

これからは、サステナビリティに、「フレキシビリティ」と「レジリエンス」を加えて、「ゴーイングコンサーン」を話さなければなりません。

ゆえに、レジメも改訂することにしました。

 

そして、明確に、2040年からの逆算が経営企画室の仕事の起点になります。

ニューノーマルの話もしっかりさせていただくことになります。

 

国は、大きく舵を切ったと、私は考えています。それは、社会福祉法人の会計基準を一部変えたことです。

国は、2040年に向けて会計基準を変え、より、統合・合併がスムーズに進むように。また、ダメな社会福祉法人の事業を株式会社でも手に入れることができるようにします。

統合・合併は難しいのであれば、事業譲渡が主流になっていくと私は考えています。事業を切り売りしたあとは、蝉の抜け殻だけが残り、法人が消滅していくことになるのではと考えています。

このことは、第8期の介護保険事業計画の指針を読むと分かります。介護保険事業も、ついに、総量規制が始めるための準備に入ったんだなと。

 

また、日本は、2040年までの間に東日本大震災を上回る大災害が確実に来ることを想定しなければなりません。また、感染症が数年に一回来ることを想定しなければなりません。日本の場合は、金融危機もあるかもしれませんね。

 

さまざまな要素を加味した内容に変えていきます。

まあ、我々の仕事は、常に、ターゲットが国の政策で変わり、世の中の価値観の変化で変わり、業界の経営状況で変わり、「終わりなき旅」を、ずっとしているような感じですね。

終わりなき旅という表現は、今日の知識は明日には、もう古く使えない。我々のような仕事の場合、常に勉強し続ける必要があり、ゴールがない。棺桶に片足を突っ込んでも勉強しなければならないような、、。

でも、ずっと勉強し続けるのは楽しいですね。← まあ、この仕事が向いているということでしょうか。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. わたくしごとで恐縮です。 私、中学ぐらいの時に、「なつメロ」を好きで、レコード盤を買っていた時があ…
  2. うちがどんな会社かっていうと、、、 昨日は、8人で飲んでまして。(換気のきいたお店で、1時間半弱の…
  3. WJUは、2021年から、新しいコンサルティングを開始します。いままでにない、新しいコンサルティング…
  4. ワクチンではなく、治療薬ができているというのは、嬉しいですね。 記事です。 「新型コロナウイルス…
  5. 若い人の自殺が増えている記事を読みました。 「わたしがいなくてもだいじょうぶでしょう」というメモが…
  6. 普遍的な真実です。勉強になります。 アイリス大山会長の言葉です。大尊敬しています。 …

ピックアップ記事

  1. 石の上にも3年と言う言葉があります。 HMSエリート10期のMVPの重枝さんと出会ったのは、今から…
  2. 今日は、HMSエリート 10期生の最終回の1日目です。 コロナ真っ只中で始まったコースも最終回を迎…
  3. もし、病床再編をお考えであれば、ご相談下さい。 1 経営も一緒に見ます、マネジメン…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る