だから、働き方改革は、必須科目だと言っているでしょう。そのためには、人事考課をちゃんとやらないとね。

私のセミナーをお聴きいただいている皆さんは、「皆さんの職員が副業・兼業をしたいと申し出た場合、断れなくなります。そう、あと2年で。」というのを覚えてますか?

着々と議論が進んでいますよ。以下、記事です。

「分科会で、兼業・副業の労働時間管理の対応案は、新たに労働者からの自己申告制を設けるとしている。申告漏れ等があった場合、本務先の法人が兼業先での労働時間を客観的に通算して時間外労働の上限規制を超過したとしても責任が問われないこととした。」と。

 

だから、働き方改革は、必須科目だと言っているでしょう。そのためには、人事考課をちゃんとやらないとね。

また、魅力のある法人に育てないといけませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 貸借対照表から法人の体質、戦略、課題が読み取れるんです。「人件費率が高いよねー」とかじゃないなくて。…
  2. 今週はブログには書けない系の仕事が3本ほどあり、ちょっと時間もタイトでした。 いつもお願いしている…
  3. 「いい、ここの法人さんは、周回遅れなの、だから、まだ攻めに転じられないからね。」 「管理会計を使っ…
  4. 今日、仕事に行った法人さんの会議室に額に入ってかけられていました。 これ、私の聖書です。私の「マイ…
  5. 攻めの検査をするようになり、数字から、もみ合いに入ったのが分かります。「数字を見続けることの大事さを…
  6. 今日、土地の活用で福祉施設を作るためのうち合わせが終わり、駅まで送っていただく時、車の中で、教えてい…

ピックアップ記事

  1. 参考になれば。 報告から 報告者は、法人に対し、出来るだけ早い「法人経営スタイル…
  2. そこに大義がないと、絶対に、出来ない仕事なんです。 そこに大義がなければ、絶対に、絶対に経営者を説…
  3. 今週はブログには書けない系の仕事が3本ほどあり、ちょっと時間もタイトでした。 いつもお願いしている…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る