だから、若くても経営者にもなれるし管理職にもなれる。ただし、なるには「人柄」は絶対条件ですね。

今日は、「ねえ、管理職って何?」との問いかけから始めました。

いろいろ出て、管理、マネジメントというキーワードが出て、そこから議論を広げていきました。

この仕事は、「マネジメントできる人を育てて欲しい。」です。

集まったのは、長年ここの法人さんに貢献してきた人から入って1年程度の若手までです。

 

今日の結論は、管理とは目的を達成するために何をするかを理解して活動するプロセスということをいろいろ説明し、それを行う人が管理職であるということ。

そして、管理職とは、どんな要素を持った人なのかということを説明しました。

そして、「最後は、人柄だよ。」「優秀であるに越したことはないけど、絶対に優秀じゃなければならないわけじゃない。優秀な人を使えばいいわけだから。」と。

 

だから、若くても経営者にもなれるし管理職にもなれる。ただし、なるには「人柄」は絶対条件ですね。

そのために「マインドが必要で、モノの見方と考え方で決まる。」。

松下幸之助さんの話をいろいろしました。

「私は、松下幸之助さんの言葉からマインドを作り、モノの見方と考え方を学んだ。」。

「今の子は、松下幸之助をしらないから、この考え方でマインドやモノの見方と考え方を作ることができない。そして、ホリエモンの本からマインドやモノの見方と考え方を作る子がいるわけで、やはり、違う考え方の人になるよね。」。

 

加えて、勝者のメンタリティについて、解説しました。「ね、勝つチームは、全然違うだろ?」。

「いい、人に能力差なんてないんだって、しっかりしたマインドを持ち、モノの見方と考え方をしっかり持ち、勝者のメンタリティを持っている。そして人柄を磨けば、みんな、経営者になり、管理者になり、管理職になるよ。」

 

私の考え方が古いのか新しいのか、いずれ分かると思います。

また、普遍性があるものなのかも。

次回は、数字、お金、

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 貸借対照表から法人の体質、戦略、課題が読み取れるんです。「人件費率が高いよねー」とかじゃないなくて。…
  2. 今週はブログには書けない系の仕事が3本ほどあり、ちょっと時間もタイトでした。 いつもお願いしている…
  3. 「いい、ここの法人さんは、周回遅れなの、だから、まだ攻めに転じられないからね。」 「管理会計を使っ…
  4. 今日、仕事に行った法人さんの会議室に額に入ってかけられていました。 これ、私の聖書です。私の「マイ…
  5. 攻めの検査をするようになり、数字から、もみ合いに入ったのが分かります。「数字を見続けることの大事さを…
  6. 今日、土地の活用で福祉施設を作るためのうち合わせが終わり、駅まで送っていただく時、車の中で、教えてい…

ピックアップ記事

  1. 参考になれば。 報告から 報告者は、法人に対し、出来るだけ早い「法人経営スタイル…
  2. そこに大義がないと、絶対に、出来ない仕事なんです。 そこに大義がなければ、絶対に、絶対に経営者を説…
  3. 今週はブログには書けない系の仕事が3本ほどあり、ちょっと時間もタイトでした。 いつもお願いしている…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る