教育の話です。

教育の話です。

ある大きな会社の会長さんです。

社員を集め、美術品を見せるのです。もちろん、超高額な美術品です。

社員は、目の前に、美術館で展示品としてしか見れないものが、目の前でまじまじと見れるのです。

会長は、その美術品の説明をとうとうとされていた、とのことです。

理由は、「本物、いいものを見ていると、自ずと、本物や良いものと駄物を見分けることができるようになるから。」です。

「企業は人なり。」です。

 

良い、教育を受けさせて下さい。

ぜひ、良い、教育を受けさせて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 今日は、朝から、テレビ会議です。 ある事業所の管理者の方の処遇についてが、会議の議題の一つでした。…
  2. 今日は、管理会計セミナーを一緒に行っている木村と、1000人の職員さんがいる、医療法人+社会福祉法人…
  3. 今日は、管理会計です。 多くの皆さんに集まっていただきます。 セグメントは70〜80あります。 …
  4. お陰様で、給食・厨房のコンサルティングの仕事をいただいています。 やはり、「何が正しくて、何が正し…
  5. コンサルティングは厳しい仕事なんですよ。 一昨日も、新しく加わったコンサルタントさ…
  6. 今日、お話しした内容です。 1 この資料で分かる通り、求められているのは社会的包摂への対応です。 …

ピックアップ記事

  1. 今日は、管理会計セミナーを一緒に行っている木村と、1000人の職員さんがいる、医療法人+社会福祉法人…
  2. 今回のHMSエリートに参加の皆様の印象は、いろいろな話はできるし、意見はあるのですが、どうも「話が『…
  3. 先日のエリートで、若い経営者が「私、3年、大晦日だけ休んで、あとは働いていたんですが、ある職員さんか…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る