変わることをあきらめてしまった時点で、絶滅へのカウントダウンが始まるのでしょうね。

コロナで、医療と福祉の経営環境に関わる時計が早く進み出した気がしています。

 

経営上の基礎疾患(赤字だったり、マネジメントが甘かってたり)があるところが、このコロナで、重症化したり、危篤状態になったりで、具体的には、経営状態が悪化して「経営をどうしようか?」と。

 

一方で、「リスクが高い時期ほど、チャンス。」と考える経営者がいて、そういう人が様々なアプローチをしています。例えば、M&Aとか、事業譲渡とか、スカウトとか。

 

この両方のお客様がいるので、医療と福祉の経営環境に関わる時計が早く進み出した気がしています。

具体的に言えば、業界再編とか地域再編とか倒産・廃業とか、ですね。

 

こういう時に、出場選手が入れ替わるんですよね。普通なら、時間をかけて進むことが一気に行く的な。

地球上では、「ビックファイブ(大絶滅)」と言われていたり「6回の大絶滅が正解」とか言われていて、最大の絶滅は生命の99.5%がいなくなっているそうです。

そう、「選手交代」は、あることです。人類で言えば、大きな大噴火があり、大洪水があり、戦争があり、スペインかぜがあり。

しかし、そのたびに、立ち上がり、ホモ・サピエンス種は生き残り、前にも増して繁栄してきました。

 

話は、「コロナで、医療と福祉の経営環境に関わる時計が早く進み出した気がしています。」に戻ります。

今、考えるべきことは、足元と将来を交互に見ながら、「どうするか?」ですね。

足元ばかりでは困るわけですし、将来ばかりでは困るわけで。

 

「足元と将来を交互に見ながら。」とは、今の問題を解決し、将来に向けて変化することを示しています。

変わる勇気があれば、環境の変化に適合するように進化することができるはずです。

だから、恐竜ではなく哺乳類のように、環境の変化に対応し、やがて、人類になりアフリカを出て、進化の過程で20もの種に分かれ、最終的、ホモ・サピエンスになってゆく。

変わることをあきらめてしまった時点で、絶滅へのカウントダウンが始まるのでしょうね。

変わるために必要なのは、勉強であり、健全な心身であり、「執念」なのでしょうね。

そこが、「チャンスだ!」と考える人と「ピンチだ!」と言う人の分かれめなんでしょうね。

来週は、「チャンスだ!」の対馬理事長にお会いしに行きます。エネルギーをいただいてきます。

それと、帰りは、新千歳空港温泉ですね、これも楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. 今、これから始まる経営改革の案件の報告書を作っています。 経営者以下、バラバラで、共通の価値観がな…
  2. 沖縄遠征が終わって帰って来ました。 土地を見に行って、建設会社さんに行って、金融機関さんに行って、…
  3. 明日から沖縄で1週間です。 もちろん、バケーションではありません。 WJUグループの新しい扉を開…
  4. 今日は、本部機能強化のための打ち合わせです。 こちらは2000人の法人さんなんで、本部の役割が重要…
  5. こんな資料を作っています。 ご参考になれば。 人事考課制度導入の趣旨 大学病院…
  6. 今日から、1000人を超える職員さんを抱える、医療法人・社会福祉法人グループで「次世代研修会」です。…

ピックアップ記事

  1. 今日は、管理職研修の4回目で、財務・会計・管理会計のはずでした、、、、 しかし、宿題の内容に問題が…
  2. 私が、このブログで「介護現場を良くするコンサルティングをします。」と何度も書いています。 私、今、…
  3. 「19年世界選手権優勝でメダルの期待を集めた森ひかるが予選落ちした。」 「試合後は『1カ月前からジ…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る