昨日、胸が潰れそうになりました。← 私、おじさん化が進んで来ているので、この記事にかなりやられました。

若い人の自殺が増えている記事を読みました。

「わたしがいなくてもだいじょうぶでしょう」というメモがあったと書いてありました。

昨日、胸が潰れそうになりました。← 私、おじさん化が進んで来ているので、この記事にかなりやられました。

 

このブログが何かのお役に立てれば幸いです。

お使いいただいた方も多いみたいなので。

(2018年8月27日)

「大人が知っていた方がいいことの一つです。自分の子供を守れるのは、親である自分だけです。」

夏休みが終わります。子供の自殺が多くある時期です。私は、自分の子供に「学校は絶対に休んじゃいけないところではない。」と真面目に話を何回かしていました。

そして、「もし、行きたくなかったら行かなくていい。もし、親に申し訳ないと思うことがあるとしたら、そんな心配はいらない。」と。幸い、そんなことを考える子供ではなかったので、神様に感謝しています。

 

さて、大人が知っていた方がいいことの一つです。

1 小学校は、1日も登校することなく卒業できる。

2 中学も同じで、学校と相談すればいいだけです。

3 高校は、試験を別に受ければ高校卒業の資格は取れます。

なんで、学校抜きでも、「普通の未来が待っていて、自分の将来は選択自由です。」。

 

私は、自分の子供に、「学校は何をしに行くところだ?」と何回か聞いて、以下の話をしています。

「いいか、学校は勉強だけのところじゃない。学校は幸せになる方法を学びに行くところだ。だから、学校に行って不幸になるのなら、行かなければいいだけだ。怠けて行かないのは良くないが、自分を見失しなうのであれば、行く必要は全くない。親に申し分けないとは絶対に思うな。」

この話をした時、2人子供がいますが、真剣に聞いていました。

そのあと、「かの日本電産の永守さんが、勉強できるできないは、仕事ができるできないとは、全く、関係ない。」と言い始めルト、「ああー」と、なっていましたが、、、。

 

自分の子供を守れるのは、親である自分だけです。子供は親次第です。子供は「親に心配させたくない。申し訳ない。」と思っているものです。口ではつべこべ言いますが、みんな思っているものです。思い返せは、私もそんなでした。みなさんもそうではなかっかと。

親がしっかりとした信念と方針を持って子供と共有できていたら、不幸が防げたかもしれないことがあったのではないかと、ニュースを見て思うことがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本間 秀司

本間 秀司代表取締役社長

講師プロフィール

外資系コンサルティング会社の日本のエグゼクティブシニアセールスマネージャーを15年。日本の大手税理士法人マーケティング部統括部長(関係会社社長兼務)を4年。ウェルフェアー・J・ユナイテッド株式会社代表取締役。

この講師の最近の記事

この講師の関連記事

おすすめ記事

  1. こうなると、いいですね。期待しています。 「既存薬はこのうち最後の段階である『認知機能の低下』が始…
  2. 来月から、部門別、ドクター別、の管理会計+人事考課を始めます。 だから、本当に貢献しているのかを評…
  3. 今日の午後は、2000人の職員さんの法人さんです。 内容は、以下です。 1 財務・会計の業務改善…
  4. 今、病院をまるっと買って、複合の介護施設にする案件をいただいています。 病院経営はどんどん難しくな…
  5. 今日、小規模多機能のコンサルティングで、そのチームが入っていました。 いろいろと出るわ出るわで、「…
  6. 今日は、午後、テレビ会議です。 立て直し案件ですね。 良い法人に生まれ変わっていただこうと思いま…

ピックアップ記事

  1. 今日、HMS田中代表とお話をしてて、新しい企画の話をしました。 「これが当たるのであれば、これもあ…
  2. 今日のWEBセミナーに150人の参加とのことでした。 2040年多元的社会を細かくご説明しました。…
  3. 桜美林大学の野球チームが、9シーズンぶりに優勝したという記事を読んでました。 監督が力を入れたのが…
採用情報
お客様の声

ピックアップ記事

ページ上部へ戻る